だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

障害者の就職支援における3つの形と特徴

左手を頬に添えるだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

障害者の就職支援には公的機関が行っているものと、民間企業が提供しているものがあります。

そのサービス内容を見てみると、大きく3つに分類することが可能です。

この記事では障害がある人が利用できる就職支援の種類と特徴について解説します。

目的に合っている支援サービスを選び出して有効活用できるようになりましょう。

目次

障害者の就職支援の3つの形

就職支援セミナーのお知らせの紙

【1】就職のために資格やスキルを手に入れたい

障害者の就職は一般的に難しいと言われていますが、就職を有利にするためには資格やスキルが有用な点は健常者と違いはありません。

心身の障害を負っていたとしても、資格があって特定の業務に専門的に取り組むことができたり、技術者として一般の人には簡単にできないような作業を行えたりする場合には高いニーズがあります。

ただし、障害の種類によっては資格の取得が難しい場合もあり、スキルも習得が困難になる場合があるので注意が必要です。

支援サービスを利用すれば自分のやりたい仕事をできるようにするための資格やスキルが何かがわかり、現実的に手に入れることが可能なのかどうかも簡単に見極められます。

例えば、

  • ハローワーク
  • 障害者能力開発校
  • 地域障害者職業センター

などでは障害者が資格を取りたい、スキルを身につけたいというときに利用できる典型的なサービスです。

障害の種類や程度に応じてどの資格なら取得可能か、どのスキルなら希望しているような期間で習得ができるかといったことをと専門員がアドバイスしてくれます。

障害者能力開発校やハローワークでは相談をしてそのまま入校したり、講座に申し込んだりすることも可能です。

就職の為に資格やスキルが欲しいと思っていても、具体的に何をしたら良いか、どの資格やスキルを選んだら良いかがわからない人に向いている方法でしょう。

また、障害者でも健常者と同じように資格取得のための支援サービスを利用できるケースがよくあります。

障害の種類に応じてどのような資格やスキルが良いかを相談することはできない場合が多いですが、自分で判断して決められる場合には魅力的な選択肢です。

利用できるサービスの種類が多いため、ニーズに合ったサービスを選んで支援を受けられます。

そして、通信教育で知識を学んだり、オンライン講座で実践的なスキルを身につけたりすることも可能です。

資格試験の受験資格を得るための通信講座なども開かれている為、目的が明確になっているならスムーズに学習を進めて資格を取れるでしょう。

ただし、一般向けのサービスは障害者向けに提供されているサービスと違って、支援内容はあくまで勉強するきっかけを作ったり、何を学べば良いかを示してもらったりすることだけです。

障害の程度によっては十分な支援ではないこともある為、自分にとって必要十分なサービスを受けられるかを詳しく確認してから申し込む必要があります。

【2】就職先を見つける支援を受けたい

障害者の人材を募集している企業に応募して就職したいと考えている場合には、就職先の斡旋や求人の紹介をしている支援サービスを利用できます。

障害者向けではない一般向けの求人を探して応募することも可能ですが、企業側が障害者の受け入れ体制を整えられていないリスクがあります。

初めから障害者を募集して現場で働いてもらおうと考えている企業の求人に応募した方が、選考の際にも配慮してもらえるだけでなく、就職後に現場で働きやすくなるのが一般的です。

その為、就職先を見つけたいときには、障害者向けの就職先斡旋サービスや求人情報サービスを積極的に活用するのが合理的です。

ハローワークと就労移行支援事業所

公的なサービスとしてはハローワークと就労移行支援事業所が一般的です。

ハローワークも就労移行支援事業所も職業訓練を受けられるのが特徴ですが、就労移行支援事業所ではさらに就職先の斡旋まで一貫して支援を受けられます。

ハローワーク

ハローワークでは自分で求人を探して応募するのが基本です。

どちらが適しているかはケースバイケースなので、受けたい支援の内容をよく考えて決めるのが大切です。

>>ハローワークについての詳しい記事はこちら

就労移行支援事業所


なお、就労移行支援事業所も一般企業への就職を希望する人を対象としています。

障害の程度などから考えて一般企業への就職は困難だと考えられる場合には就労継続支援事業所も検討しましょう。

就労継続支援事業所では支援を受けながら働ける仕事を紹介してもらえるのが特徴です。

雇用契約をするA型と雇用契約がないB型の二種類があり、状況に応じて適切な方を選択することができます。

>>a型事業所についての詳しい記事はこちら

>>b型事業所についての詳しい記事はこちら

民間の障害者専門の就職支援サービス

一方、近年では障害者を対象とした求人情報を集めて公開している民間の求人サイトも充実してきています。

特に資格を取得した人やITなどのスキルがある人にとっては就職先の候補が見つかりやすいのが特徴です。

事務スタッフやコールセンター、データ処理などの仕事もあるため、自分に合っている仕事を見つけられる可能性が十分にあります。

ただし、あくまで求人情報を公開しているだけで、応募の支援を受けられることはあまりありません。

エージェント型のサービスであれば応募や選考に関するサポートも受けられる為、全般的な支援が必要な際にはエージェント型のサービスを探して登録しましょう。

>>障害者専門の就職支援サービスの詳しい記事についてはこちら

【3】障害者の就職全般に関する相談をしたい

障害者向けの仕事についてまずは相談したいという場合にも、公的な支援を受けられます。

公的な障害者の就職に関する相談窓口

例えば、役所の福祉課では相談窓口を設けているのが一般的です。

就職に向けて地域でどのような支援活動が行われているか、公的サービスとして何が利用可能かといったことを詳しく説明してもらえます。

支援を受けて就職したい場合には、

  • ハローワーク
  • 就労移行支援事業所
  • 地域障害者職業センター

も候補にできます。

相談をしたからといってすぐに就職支援を受けなければならない訳ではない為、気軽に自分の希望を伝えてどうすべきかを提案してもらうと良いでしょう。

障害者就業・生活支援センター

就職だけでなく生活についても悩みがある場合には、障害者就業・生活支援センターに相談すると全体的なサポートを受けられます。

健康管理や資金管理などの相談をしつつ、障害者向けの就職支援サービスについて幅広い紹介をしてもらえるのが魅力です。

地域で利用可能な制度についても説明を受けられるため、今後の生活を考える上で有用な情報を得られます。

>>公的な障害者の就職に関する相談窓口の詳しい記事はこちら

民間の障害者専門の就職・転職エージェント

民間サービスでも障害者支援に対応しているエージェント型のサービスは、相談先として活用可能です。

就職したいという意識が強い場合に民間の就職支援サービスに相談するのは、有効です。

就職をする上で何が必要か、障害の状況に応じてどのような仕事を候補にできるかといった角度から説明を受けられます。

相談だけなら無料のことがほとんどなので気軽に相談できる点でも優れている支援サービスです。

民間サービスは、斡旋によって雇用契約の締結させることで一般企業から報酬を得ています。

その為、就職に対して不安があるときにも働く魅力を分かりやすく教えてくれるのも魅力です。

以下に評判の良い障害者専門の就職・転職エージェントをご紹介します。

dodaチャレンジ
  • 非公開求人が80~90%
  • 大手企業~ニッチ優良企業まで幅広いラインナップ
  • 障害をオープンにしても高年収な案件が多い
大手企業や高年収を目指す障害者向けの就職・転職サイト
アットジーピー(atGP)
  • キャリアアドバイザーによるアドバイスが無料
  • 豊富な求人情報を閲覧できる
  • 内定までだけでなく入社後のサポートも充実
10年以上にわたり、障がい者の就職・転職をサポート!キャリアアドバイザーによるアドバイスと豊富な求人情報で、転職サポート実績No.1!
エラビバ
  • スマホ一つで完結!
  • 障害者の就職・転職業界大手!
  • 大企業の求人多数!
業界大手! 障害者の就職・転職を成功させたいならエラビバが最高!

最後に 障害者にとって有用な就職支援サービスを活用しよう

NEWSTART

働きたいと思っていても仕事を見つけるのが難しい障害者にとって、就職支援サービスは重要なサポートになります。

ここで紹介したように支援サービスにも種類があるので、目的意識をもって自分にとって必要なサービスを活用するのが重要です。

スキルアップをして活躍できるようになりたいか、応募可能な求人の紹介や仕事の斡旋を受けたいか、まずは就職について相談したいかによって利用すべきサービスを適切に選びましょう。

仕事とどのように付き合っていきたいかをよく考えてみても、なかなか自分だけでは決められないことも多いでしょう。

収書に対して不安がある場合には専門家に相談するところから始めて、必要なサービスが何かを見極めるようにしましょう。

だいちゃん(∀)

障害者の就職支援は民間のサービスでも公的機関でも受けられる、焦らずに様々な場所で相談してみようね!

という訳で今回は、「障害者の就職支援」についてお伝えしました!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる