だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

障害者が就職活動をする前にしておきたい『準備』とは?

左手でグッドをするだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

障害者がスムーズに就職活動に取り組めるようになる為には、事前準備をしっかり行っておくことが欠かせません。

自信を持って就職活動に臨むためにも、欠かせないポイントと言えるでしょう。

ここでは、就職活動前にしておきたい準備について紹介していきます。

これから就職を考えているという人は是非、参考にしてみてください。

目次

障害者は就職活動をする前に職業準備性を身に付けよう

リュックと荷物

障害者が就職をする際、職業準備性をどの程度身に付けているかどうかは、採用担当者が判断する際に大きなポイントとなってきます。

職業準備性とは、職業の種類などに関係なく、その職場で安定して働き続けるために必要とされている項目のことです。

また、この職業準備性のチェック項目を通して自分自身を見つめ直すことで、社会に出て働いていく上での弱点や、支援が必要な部分なども見えてきます。

それらに対して適切なサポートや訓練を行うことで、職業生活を送るための準備が整えられるようになっていくでしょう。

職業準備性ピラミッドとは

職業準備性は5つのカテゴリーに分けられており、階層別に整理したものを職業準備性ピラミッドと呼んでいます。

ここでは、職業準備性ピラミッドの5つのカテゴリーについて個別にご紹介します。

良かったら、就職の準備の際の参考にしてみて下さいね。

【1】健康管理

職業準備性ピラミッドのベースとなる最下層には、「健康管理」というカテゴリーが位置付けられています。

自分の障害について正しく理解をしておくことは、健康を維持することにもつながります。

健康管理ができずに二次障害を発症したり、長期入院になってしまうようでは、継続的に仕事に就くことが難しくなってしまいます。

また、自分自身の心身の変化に早めに気付けるかどうかも大切なポイントです。

服薬に関する知識も深めておくようにしましょう。

自分の障害を正しく理解しておくことは、周囲に障害を理解してもらい、サポートを受ける際に欠かせません。

障害の特性は人によって異なるため、正確に説明することでようやく適切な環境が整えられるようになるのです。

【2】日常生活管理

二層目は、「日常生活管理」です。

仕事を継続的に行っていく為には規則正しい生活を送り、仕事に集中できる状況を作り続ける必要があります。

不規則な生活による睡眠不足は、遅刻や欠勤の原因になったり、仕事に集中できずミスの原因になってしまうこともあるからです。

就職をして社会人になると、それまでの環境とはガラリと変わるため、この日常生活管理を維持できるようになるまでには時間が必要になってくることもあります。

必要な場合にはサポートなども受けながら、自立した生活が送れることを目標にしていきましょう。

【3】対人スキル

三層目には、コミュニケーションや協調性などのような「対人スキル」が配置されています。

どのような仕事でも、多かれ少なかれ他の人とのコミュニケーションが発生するものです。

また、自分の障害でサポートや調整が必要になった場合は、自ら申し出なければなりません。

職場では様々な人が働いており、その中には自分と合わないと感じる人もいるでしょう。

ですが、苦手だからと避けていては円滑に仕事を進めていけなくなってしまいます。

仕事で分からない部分が出てきた時には質問をしたり、時には他の人のサポートをしたりなど、周囲と積極的に関わろうとする姿勢が求められます。

【4】基本的労働習慣

社会人として重要視される「基本的労働習慣」はその次の四層目にあたります。

基本的なビジネスマナーを身に付けていることや、報告・連絡・相談という、いわゆる「ホウレンソウ」ができること、社会やその組織のルールを守れることなどが挙げられます。

これらを身に付けておくことで、社会の中で円滑なコミュニケーションが取れるようになるだけでなく、仕事のミスを防げるようにもなります。

【5】職業適性

職業準備性ピラミッドのトップには、「職業適性」が配置されています。

企業や部署、仕事内容などによって求められる職業適性は異なる為、前もって準備することが難しい部分ですが、一般的には作業の正確性やスピード、指示の理解などのスキルが求められています。

だいちゃん(∀)

職業準備性ピラミッドというネーミングだと難しそうに聞こえるけれど、個別に見てみると分かりやすいね!

障害者が就職面接を受ける際に必要な準備をしよう

手書きの履歴書

基本的な面接の準備や対策をしておこう

自分の持っている特性に合い、興味がある企業が見つかったら、書類審査に応募していきます。

無事に書類審査を通過したら、今度は面接に臨むことになります。

面接の日付や時間、場所などは必ず確認しておきましょう。

面接会場までのルートも事前に検討しておく必要があります。

面接時に必要な持ち物は採用担当者から指示される場合がほとんどなので、当日忘れないように前もって準備しておくことが大切です。

また、面接日までにしっかりと面接対策を行っておくようにしましょう。

その企業について知識を深め、志望動機や、面接で想定される質問に対する答えをあらかじめ準備しておくことで、当日慌てずに、自信を持って答えられるようになります。

面接時の緊張を少しでも和らげるために、模擬面接を繰り返し行い、面接の雰囲気に少しでも慣れておくと良いでしょう。

更に、聴覚障害がある場合は手話や筆談を使って面接を行ったりなどのように、障害の特性によっては面接時にサポートが必要になってくる場合もあります。

人によって必要なサポートの内容が異なり事前に準備が必要な場合もある為、あらかじめ採用担当者に確認をしておくようにしましょう。

基本的なビジネスマナーを身に付けよう

ビジネスマナーは職業準備性の中でも出てきましたが、就職活動中に気を付けておきたいポイントのひとつでもあります。

面接ではマナーなどもチェックされている為、きちんとビジネスマナーを身に付けておくことで、面接を有利に進めていけるようになるのです。

まずは、身だしなみや服装など、見た目を通して相手に良い印象を与えられるようにしましょう。

ここで大切なのは、清潔感です。

髪の毛がボサボサだったり、シワだらけのシャツを着ているようでは、相手にだらしないイメージを与えてしまいかねません。ヘアスタイルを整え、髪の毛が長い場合は束ねたりしてスッキリさせるようにしましょう。

スーツは体型に合ったものを選び、シワや汚れがある場合は取り除いておきます。

就職活動の場合、黒や紺、グレーなどのスーツを選ぶ人が多いですが、業界によって好まれる色合いやデザインは様々です。

自分が希望する業界の特徴などを踏まえて最適なものを選ぶようにしましょう。また、靴のチェックも欠かせません。

かかとがすり減っていたり、汚れたままの状態を放置せず、きちんと手入れをしておくことが大切です。

また、正しい敬語が使えることも、社会に出て仕事をしていくために欠かせないビジネスマナーのひとつです。

面接時でも敬語を使うシーンは多く、敬語を正しく使うことで、良い印象を与えられるようになります。

敬語は急に使えるようになるわけではないので、普段から少しずつ練習していくようにしましょう。

だいちゃん(∀)

どれだけ能力があっても準備をしっかりしてなかったら、面接で上手くアピール出来なかったりするから、ちゃんと面接の準備や対策はしようね!

最後に 障害者が就職活動をするには第三者の手を借りる方法も

外回りをするOL

障害を抱えたままの就職活動に不安を感じているという人は、まずは自分自身を分析する為にも職業準備性をチェックするところから始めてみてはいかがでしょうか。

自分自身への理解を深めることで、就職活動時や入社後のミスマッチを防ぎ、長い間働き続けられる職場を見つける近道にもなっていきます。

弱点を克服して、ステップアップができれば、選択肢の幅も広げることができますよね。

また、就労に関する様々なサポートを行っている障害者就労支援センターなどを利用するという方法も効果的です。

第三者の立場から客観的なアドバイスを受けられるため、就職活動の心強い味方となってくれるでしょう。

就職に関する様々な情報を得ることができるでしょう。

だいちゃん(∀)

就職することがゴールではなく、就職した後に長く勤めることが出来るかも大切だから、就職活動の際にはしっかりと就職の準備をしておこうね!

という訳で今回は、「障害者が就職活動をする前にしておきたい準備」についてお伝えしました!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる