だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

障害者が就職活動をする際に有利になる資格・スキルとは?

頬を押さえるだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

就職活動や転職活動を行っている障害者の中には、就職が上手くいかずに悩んでいる方もいるでしょう。

そんな方は資格やスキルの習得を目指してみてはいかがでしょうか?

障害者の就職活動においても、資格やスキルがあった方がアピールになります。

そこで本記事では就職活動をする際に有利になる資格・スキルについて紹介していきます。

目次

障害者が就職活動をする際に有利になる資格

パソコンとノートで勉強

障害者が就職するにあたり、資格取得は必須事項ではありません。

ただ、口頭で自身の能力を証明するより、資格を取得した方が説得力があり、相手に伝わりやすいです。

企業側で障害者への理解が不足している場合などは、担当者に自身の能力が伝わりづらい場合もあるので、やはり資格がある方が有利に働くでしょう。

また評価されるのは資格で証明される能力だけではありません。

資格取得までの努力や知識や能力を伸ばそうとする向上心も評価されるので、それらもアピールポイントになります。

とはいえ、資格なら何でも良いという訳ではありません。

資格には、職種を問わず有利になるタイプの資格と、特定の業種や職種において有利になる資格があります。

自分がどのような仕事に就きたいかを踏まえて、取得する資格を選ぶ必要があります。

MOS(マイクロ・オフィス・スペシャリスト)

職種を問わずおすすめできる資格の1つがMOS(マイクロ・オフィス・スペシャリスト)です。

MOSはワードやエクセルなどのマイクロソフトオフィスソフトの操作能力を証明する資格、マイクロソフト社認定の資格なので国際的にも通用します。

オフィスソフトの操作スキルは、様々な職種で重宝されますが、特に事務職では使用頻度が高いです。

障害者求人は事務職が多い傾向にあるため、MOSの取得は就職活動において有利に働くでしょう。

MOSの試験対象ソフトはワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックの5種類、更にワードとエクセルには、

  • スペシャリストレベル(一般)
  • エキスパートレベル(上級)

の2種類があります。

どのソフトで受験するかですが、さまざまな職種で利用されているワードとエクセルがおすすめです。

ただ、1つしか受験できないなら、エクセルが良いでしょう。

現場では計算機能に優れたエクセルの使用頻度が高いですし、関数を使えた方が重宝されやすいからです。

レベルはスペシャリストレベルで十分です。

ちなみに受験の時は、障害に応じた支援(試験時間の延長や第三者の補助など)を受けられるサービスがあります。

簿記(日商簿記検定)

就職活動において有利になる資格の1つとして簿記も挙げられます。

簿記検定は簿記の基礎知識や計算能力などを証明する資格、簿記検定には幾つか種類がありますが最も有名なのが日商簿記検定です。

なぜ簿記がおすすめかというと、簿記の知識・能力が求められる経理・財務・会計などの職種は多くの企業で必要とされる職種の上に、障害者雇用枠の中でも経理や経理補助の求人は比較的多い傾向にあるからです。

更に簿記の知識・能力は会計事務所で働く時にも役立つので、就職先の幅もかなり広がるでしょう。

日商簿記検定は初級・3級・2級・1級の4つの階級があり、初級が最も簡単で1級が最も難しいです。

初級から順番に受ける必要はなく、いきなり1級を受験することも可能です。

実務で通用するレベルは3級以上と言われているので、まずは3級合格を目指すのが良いでしょう。

日商簿記3級の合格率は50%前後と高めなので、独学でもしっかり勉強すれば取得可能です。

但し、簿記3級は経理補助や簿記の知識も求められる一般事務などでは十分なアピールになりますが、経理職や会計職を目指す上ではアピールポイントとして弱い可能性もあります。

経理職や会計職を目指すなら、簿記2級の取得まで目指したいところです。

ITパスポート

IT業界の企業で働きたい方におすすめなのがITパスポートという資格です。

ITパスポートはIT関連の基礎知識があることを証明できる国家資格で、初級システムアドミニスレータ試験の後継試験となります。

IT業界で働く上でITに関する基礎知識は必須なのはもちろんですが、サービス業や営業職など様々な業界、職種においてITを活用する機会は増えています。

そのためITに関する知識を証明できるITパスポートがあれば、就職において有利になる可能性があるでしょう。

そんなITパスポートの試験はストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系の3分野から出題されます。

合格率は約50%と国家資格の中では比較的高めです。

但し、ITに関する知識が全くない方にとっては難易度が高めなので、ITに疎い方はしっかり勉強時間を確保しましょう。

プログラマーやSEを目指す方は、プログラミングの勉強と並行してITパスポートの一つ上級である「基本情報技術者」を取得すると良いでしょう。

社会福祉士

医療・福祉業界で働きたい方におすすめなのが社会福祉士の資格です。

社会福祉士は身体・精神障害で生活が困難な人を支援するために必要な専門知識・スキルがあることを証明する国家資格です。

資格を持っている人だけが、その名称を使える名称独占資格で、資格を持っていないと社会福祉士という名称を使えません。

資格取得後の就職先が介護老人保健施設などの高齢者福祉関連施設、障害者関連施設、医療機関や児童相談所など幅広いのが強みです。

資格を取得するためには受験資格を満たす必要がありますが、学歴・実務経験によって受験資格を満たすまでの期間は変わります。

例えば、4年制の福祉系大学等を卒業していて指定科目履修している場合はすぐに受験資格を得られますが、4年制の一般大学等を卒業した場合は受験資格取得まで最低1年はかかります。

このように、人によっては受験資格取得までかなり時間がかかるので、早めに動き出すことが大切です。

だいちゃん(∀)

資格を取得していると、他の就活している人と差別化を図ることが出来るよ!

障害者が就職活動をする際に有利になるスキル

ノートパソコンをタイピング

障害者が就職活動をする際に有利になるスキルはパソコンスキルです。

事務職はもちろんですが、どの職種においてもパソコンを使った作業は多い為、パソコンスキルは求められます。

どの程度のパソコンスキルが求められるかは会社によって異なりますが、タイピングのスキルやショートカットキーによるキーボード操作技術があると事務作業のスピードが上がるため有利になるでしょう。

これらのスキルに加えて、MOS(マイクロ・オフィス・スペシャリスト)でオフィス系ソフトのスキルを証明できると就職活動で有利になります。

求められるのはパソコンスキルだけではありません。

社会人として会社で働く以上、コミュニケーションスキルも求められます。職種によっては一人で黙々と作業するのが許される場合もありますが、事務職などは意外と社内の同僚やお客様とコミュニケーションの機会が多いです。

もちろん会社側も障害者採用の就職希望者に対して、ある程度配慮してくれますが、挨拶や返事などの最低限のコミュニケーションスキルは必要です。

コミュニケーションスキルを面接でアピールするのは難しいですが、「電話も来客対応もやります」などのアピールをすれば有利に働く可能性があります。

最後に 障害者は資格・スキルを磨き就職活動を有利にしよう

紙にまとめと書いた画像

資格を取得したからと言って就職に成功するとは限りませんが、資格があれば自身の能力を伝える際の説得力が増します。

書類選考や面接の際、選考を有利に進めるための、一つの武器になるでしょう。

但し、資格なら何でも良いという訳ではありません。

自身が希望する業界・職種に応じて選ぶ必要があります。

希望する業界・職種が決まっていない方はMOSやITパスポートのような業界・職種を問わず使える資格がおすすめです。

資格も大切ですが社会人として会社で働く以上、コミュニケーションスキルが重要なことも忘れないようにしましょう。

健常者と同等のコミュニケーションをする必要はありません。

ですが、挨拶や返事、質問など最低限のコミュニケーションスキルは抑えておきましょうね。

だいちゃん(∀)

事務や会計の知識はどの業界でも使えるから、MOSや日商簿記検定などは優先的に取ると良いだろうね!

という訳で今回は、「障害者の就職の為の資格やスキル」をご紹介しました!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる