だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

障害者の就職例を紹介!おさえるべきポイントとは?

ダブルピースをするだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

障害のある方にとって、他の障害者の方々がどのような職場で活躍しているのかという点は就職活動や転職活動を進める上で気になるところではないでしょうか。

自身の周りに障害者で働いている方がいればまだしも、いない場合は働いている例が分かりませんよね。

この記事では、障害者の就職においてポイントとなる点を整理し、実際にどのようにして就職に成功しているのか例を挙げて紹介します。

就職活動を成功させるために、ぜひ参考にしてみてください。

目次

障害者の就職の現状とおさえておくべきポイント

人差し指をさす女性とパソコンを持った女性

就職活動や転職活動をしているとなかなか実感しづらいかと思いますが、民間企業による障害者の雇用は数年にわたり増加を続けています。

これは、2018年の改正障害者雇用促進法によって、従業員数が一定以上の規模の企業において新たに精神障害者が雇用義務の対象となったことが背景となっています。

対象となった障害の種類が増えたことで、障害者雇用が増加したのです。

しかしそれだけではなく、多くの企業が障害者を雇用することのメリットを理解するようになり、雇用により積極的になったこともひとつの要因といえるでしょう。

これまで障害者の雇用に消極的であった企業の多くは、雇用後の仕事の割り振りや社員間の連携の面で不安を感じていましたが、これらの課題を解決するために業務の見直や社員教育を行うことは、結果として業務の効率化や社員の育成に繋がるというメリットがあります。

また、政府による障害者の積極的な雇用が進められている現代において、このような体制の整備に取り組むことは企業の社会的価値やイメージを高めることに繋がるという点も、雇用拡大を後押ししているといえそうです。

その反面、雇用後の障害者の離職率は比較的高く、職場定着率の低さが障害者雇用における大きな課題として残っているのも現状です。

離職の理由としては、職場の雰囲気や賃金への不満を挙げる方が多いようですが、このような企業とのミスマッチは、自身の障害への理解を深めることに加え、企業研究などのリサーチを行うことで事前に防げる問題といえます。

企業に障害者を雇用することのメリットを感じさせ、実際に雇用された後も気持ち良く働き続けるためには、このようなポイントをおさえて就職活動を行う必要があるでしょう。

だいちゃん(∀)

障害者の就職となると当事者はネガティブになりがちだけど、障害者雇用自体は年々増加しているんだ!

精神障害者の就職事例

ガッツポーズをするスーツ姿の男女

では、実際に就職に成功している障害者の方々はどのような職場で働いているのでしょうか。

まずは、精神障害者の事例を紹介します。精神障害者の就職については全体の課題である職場定着率が他の障害の方に比べて比較的低く、自分に合った就職先をどのように見極めるかがポイントとなります。

症状によりますが、環境への適応に時間がかかったり対人関係に困ったりする方も多いため、異動が少ないなど就労環境をチェックしておくことも大切です。

パーソナリティ障害を乗り越えて事務職で活躍している事例

感情のコントロールが難しく、頑張りすぎるなど無理をして体調を崩してしまう症状のあった女性は、無理なく働くことができ自分のスキルを活かせる仕事として、自宅周辺の中小企業の事務職への就職に成功しています。

気負いなく働くことができる環境で、もし頑張りすぎて体調が悪くなり早退や欠勤をせざるを得ない状況になっても、適切に受け入れてくれる職場を選んだことが仕事を続けられるポイントとなっているようです。

うつ病を乗り越えて事務職で活躍している事例

前職で対人関係のトラブルが起きたことでうつ病を発症してしまった男性は、数年の通院ののち、障害者採用枠で大手企業の事務職への就職を果たしています。

就職後は、管理者の異動などで上司が変わるという出来事がありましたが、無理を続けて病気を再発しないように上司と合わないことをすぐに会社に相談したようです。

その結果、障害者雇用に理解のある部署で仕事ができることとなり、より自分に合った環境で長く働くことができています。

発達障害者の就職事例

ミーティングをするサラリーマンとOL

発達障害の傾向として、対人関係に不安を感じる方や得意分野がはっきりしている方が多いことなどが挙げられます。

どのような業務内容であれば自分の能力を活かして負担感なく働けるかを整理するのが、就職に成功するためのポイントとなるでしょう。

適性の高い職場を選ぶことで、長く働くことができている方が多いのも特徴です。

うつ病と発達障害を乗り越え事務職で活躍している事例

コミュニケーションがストレスとなりパニックになるなどの症状で働くことができなかった女性は、発達障害への理解がある職場へ就職することで仕事を続けることができています。

業務内容がはっきりしていることに加え、サポートの体制がしっかりしており、問題が起こった際にも話し合って原因と対策を考えてくれる環境であるため、安心して働くことができるようです。

発達障害を乗り越え適性の高い事務職で活躍している事例

様々な職種でなかなか評価を得られず、離職を繰り返してきた男性は、自身の症状と向き合い適職を見つけることで長く働ける職場への就職に成功しています。

臨機応変な対応が苦手なため、これまで経験してきた営業職などではなく、規則的な仕事の多い事務職に絞って就職活動を行ったことがポイントとなっています。

また、仕事の指示の出し方があいまいだと分かりづらいことに配慮して、期日や手順について具体的な指示をするなど、上司や職場の十分な理解があったことも働きやすさに繋がっているようです。

身体障害者の就職事例

OLを挟むサラリーマン男性二人

身体障害は、周囲から分かりやすいことから配慮を受けやすい反面、職場内で過度な配慮を受けることにストレスを感じてしまう方も少なくありません。

そのような状況を回避するため、一人でできる業務や困る点などを整理して就職活動を行うことがポイントになります。

希望する配慮などをその都度明確に伝えていくことが、就職後の働きやすさに繋がるといえるでしょう。

自身のスキルを見直してコールセンターで活躍している事例

脳性麻痺の後遺症により歩行が難しい女性は、自身の適性を活かしたコールセンターの仕事で活躍しています。

デスクワークなら身体障害者に関わらず働くことができることから大手企業の事務職への応募を続けていたものの、自身の適性やスキルを見直すことで、声で接客を行うコールセンターの仕事が向いていることに気づき、楽しんで続けることができているようです。

勤務環境が合うビル管理の仕事で活躍している事例

脳梗塞の後遺症で左半身に麻痺が残る男性は、ビル管理の仕事で活躍しています。

就職活動がうまくいかなかったことをきっかけに、給与などの条件だけではなく、自身の体力面やできることを再度整理して就職活動に臨み、その結果、働きやすく長く続けやすい職場を選ぶことができたようです。

知的障害者の就職事例

様々な性別や年齢のサラリーマンとOL

知的障害がある場合、臨機応変な対応が求められる仕事や明確に手順が決まっていないような仕事は苦手な傾向があります。

また、得意なことと不得意なこともはっきりしている場合が多いので、好きな作業ができ興味のある分野の仕事を選ぶことで能力を発揮することができます。

知的障害を乗り越えて福祉分野で活躍している事例

コミュニケーションが苦手で仕事が続かなかった男性は、ストレスなく働ける環境を重視して介護施設の清掃の仕事で活躍しています。

障害への理解がある上司や利用者に囲まれて仕事をすることで、楽しみながら働くことができるのが仕事を続けられるポイントとなっています。

知的障害を乗り越えてキッチンの仕事で活躍している事例

知的障害の診断を受けた女性は、好きなことと嫌いなことを整理して就職活動することで、外食産業のキッチンの仕事に就くことができました。

好きな料理の分野の仕事で周囲から信頼され仕事を任せられるようになりましたが、障害への理解やその都度話し合いを行うことができる環境があることも、無理なく仕事を続けられるポイントとなっています。

最後に 障害者の事例を参考に就職後を見据えた就職活動を

駆け出しているサラリーマン

障害者の雇用が増加するなか、就職活動をする側にとっては、企業側のサポート体制や理解度などを見極め、就職後も働きやすい職場を選ぶことが重要です。

障害の症状によって就職の際に気をつけるべき点は様々ですが、どのような障害のある方も、就職活動をスムーズに進めるためには、まず自身の症状や気持ちと向き合い、できることとできないことや企業に求める配慮などを整理して、適切に伝えることがポイントといえます。

このような対策は企業とのミスマッチを防ぐことに繋がり、就職後も気持ち良く働き続けることが可能になるはずです。

一人一人の職場定着率が上がることは、今後の障害者雇用が広がるきっかけにもなるでしょう。

就職活動を進める際には是非、参考にしてみてください。

だいちゃん(∀)

自分の障害の特性を知って自分に合った職業を見つけることが大切だよ!

という訳で今回は、「障害者の就職事例」をご紹介しました!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる