だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

障害者が就職するならオープン就労?クローズ就労?

両手を医者の手術のようにするだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

障害者の就職に関する情報で、「オープン就労」や「クローズ就労」という言葉を目にしたことはありませんか?

これらの言葉に初めて出会う方は、「両者の違いはなんだろう?」とか「そもそもオープンとクローズってどういう意味?」などの疑問を抱くはずです。

ここでは、オープン就労とクローズ就労の違いや、それぞれの長所と短所を紹介します。

目次

「障害者として」就職するかどうかが、オープン就労とクローズ就労の違い

不安と安心の画像

オープン就労とクローズ就労の違いは、就職希望者が障害を企業側に明らかにし、障害者として仕事に就くか否かにあります。

オープン就労は「障害者雇用枠」を活用し、自身の障害を企業側に明らかにして就職する働き方です。

採用する企業側には、障害者枠で雇用した従業員に対し、特別な配慮が求められます。

なお、障害者雇用枠を活用して働くには、障害者手帳の取得が必要です。

一方のクローズ就労は、障害者枠ではなく、障害のない人もエントリーできる「一般枠」で就職する働き方です。

一般枠で仕事に従事している障害者の多くは、自らの障害を企業側に明かさずに働いています。

しかしなかには、一般枠での就職にも関わらず、上司や採用担当者など、一部の人に障害を打ち明けて働いている人もいます。

このような働き方は、「セミオープン就労」と呼ばれるのが一般的です。

選択肢は少ないけれど配慮が受けられる!オープン就労の長所と短所

メリットとデメリットの天秤

オープン就労は求人数が少ない為、希望の職種に巡り合える可能性が低い一方、企業側から配慮を受けられるのが特徴です。

オープン就労のメリット

オープン就労の最大のメリットは、採用する企業側から障害に沿った配慮を受けられることです。

障害を持つ人には、障害の種類や度合いによって、得意・不得意がありますよね。

当然、仕事に就くに当たっては、できない仕事や苦手な仕事が出てきてしまいます。

しかし、自身の障害を前もって明らかにして働くオープン就労なら、仕事内容や配属される部署に関して配慮してもらえます。

つまり、苦手な仕事や環境から距離を置き、得意なことを生かして働けるのです。

また、障害を隠さずに安心して働けるのもオープン就労の長所です。

クローズ就労で働き始めると、障害を打ち明けずに就職した手前、障害を隠したくなる傾向があります。

しかし、始めから障害を明らかにした上で働くオープン就労なら、自身が持つ障害を伏せる必要がありません。

その為、精神的なストレスを感じずに仕事と向き合えます。

障害の特性上、通院が必要な方や体調が優れないときがある方も、気兼ねなく上司に相談できるでしょう。

更に、より細やかなサポートが受けられるのもオープン就労のメリットの一つ。

障害者雇用枠で働く人は、障害者の就職を支援する団体と就職先の企業が協力して行うサポートを受けられます。

具体的には、支援団体のスタッフが面接に同行したり、仕事や人間関係のトラブル解決の為、就職先の企業と支援団体のスタッフが話し合いを行ったりと、就労する障害者を二人三脚でサポートしてくれるのです。

もちろん、一般枠で就職した障害者も支援団体のサポートは受けられます。

しかし、クローズ就労の場合、就職先の企業の協力を得たサポートが難しいため、オープン就労ほど手厚いサポートは期待できません。

  • 自身の障害について隠さずに働くことが出来る
  • 障害について配慮して貰いやすい
  • 障害者支援の団体のサポートを受けることが出来る

オープン就労のデメリット

オープン就労のデメリットとしてよく挙げられるのが、求人数の少なさです。

ある一定の従業員数を抱える企業には、障害者を雇用する義務が課せられています。

令和3年(西暦2021年)3月1日以降、民間企業は従業員43.5人に対して1人(2.3%)の障害者を雇わなくてはならなくなりました。

この割合を「法定雇用率」と言います。

法定雇用率は緩やかながら引き上げられているため、障害者雇用枠の募集もささやかではあるものの増加しています。

しかし、それでも一般枠にくらべて募集が少ない現状は変わっていません。

また、求人数が少なければ、募集されている職種のバリエーションも当然少なくなります。

元来、障害者雇用枠の求人に一般職の事務職が多いこともあり、

「オープン就労したいけど希望に合う求人が見つからない」

というケースが発生しがちです。

さらに、クローズ就労とくらべ平均年収が低い傾向があることも、オープン就労のデメリットと言えるでしょう。

厚生労働省の調べによれば、2018年度の障害を持つ方の平均月収は、平成30年5月の平均賃金をみると、

  • 身体障害者は21万5千円
  • 知的障害者は11万7千円
  • 精神障害者は12万 5千円
  • 発達障害者は12万7千円

となっています。

この額は、国税庁の調査結果である給与所得者全体の平均年収441万円・約月収36万8千円と比べ、大きな開きがあります。

これは、障害者雇用枠で働く人の多くが非正社員であることや、時短で働いていることが理由です。

>>出典:平成30年度障害者雇用実態調査の結果を公表します-厚生労働省

>>出典:平成30年分民間給与実態統計調査結果について-国税庁

  • 求人数が少ない
  • 給与が安い
  • 事務職が多く、希望の職種を見つけにくい
だいちゃん(∀)

オープン就労は障害について配慮して貰える点がメリットだけど、どうしても給料は安くなってしまうんだ。

配慮は受けられないけどお給料が高い?クローズ就労の長所と短所

粘土で作ったメリットデメリットの画像

クローズ就労は障害者として働くわけではないので、企業側から障害への配慮を受けるのは難しいでしょう。

その反面、一般枠からも就職先を選べるので、希望の職種や待遇の良い求人に出会える可能性があります。

クローズ就労のメリット

クローズ就労のメリットは、オープン就労よりも求人数や求人職種が豊富なことです。

障害者雇用枠が増加傾向にあると言っても、一般枠の求人数に比べてまだまだ少ないのが現状です。

求人数や求人職種が多ければ、その分、自分が求める働き方を実現できる天職に巡り合える可能性も高まります。

また、求人数や職種の豊富さは、キャリアアップのしやすさにも関わってきます。

選択肢が多い一般枠なら、「総合職」での就職も目指せるでしょう。

総合職とは、社内で中核的な業務を受け持つポジションのこと。

将来的には、管理職になる道も開かれています。総合職の対局に位置するのが「一般職」で、総合職のサポートが主な仕事です。

一般枠で総合職として働けば、社内でスキルを磨いてキャリアアップが目指せるでしょう。

場合によって、総合職として鍛えたスキルをもとに、自分の能力をより生かせる企業に転職も実現するかもしれません。

さらに、給与が高い傾向があるのもクローズ就労の長所です。

給与は雇用形態、勤務時間、業務内容などによって異なる為、「一般枠での就職=高給が期待できる」というわけではありません。

しかし一方で、障害者雇用枠の募集に非正規雇用、短時間勤務、一般職の求人が多いことを考えると、相対的に一般枠での就職のほうが高収入になりやすいと言えます。

  • 求人数が豊富
  • 給与が健常者と変わらないので高め
  • 管理職になるなど出世の道も開かれる

クローズ就労のデメリット

クローズ就労の最大の短所は、障害への配慮を受けるのが難しいことです。

クローズ就労では、障害を打ち明けずに働くのが一般的です。

したがって、働く障害者は、障害のない人と同様の働きぶりを求められます。

その為、不得意な業務や大きなストレスを感じる業務を任される場面もあるでしょう。

残業や休日出勤を求められることも覚悟しなければなりません。

万が一、障害による体調不良があっても、オープン就労ほど気軽に申告することは難しいでしょう。

また、クローズ就労では障害を隠そうと思うあまり、ストレスや不安を抱える可能性があります。

一般枠の求人にエントリーし、障害があることを伏せて入社した場合、障害を隠そうとする意識が生まれがちです。

すると、仕事中の些細なシーンで「障害がバレるのではないか」と不安になり、精神的なストレスを感じてしまいます。

障害を伏せてしまった行為自体に罪悪感を持ち、苦しむ障害者もいるようです。

さらに、就職先の企業を巻き込んだきめ細やかなサポートが受けられないことも、クローズ就労の短所です。

一般枠での就職でも、障害を持つ人の就職を支援する団体のサポートは受けられます。

しかし、障害者雇用枠での就職と違って、就職先の企業と支援団体とが連携しないため、受けられるサポートは限定的です。

  • 自身の障害について打ち明けにくい
  • 自身の障害について配慮して貰いにくい
  • 障害者支援の団体のサポートを受けにくい
だいちゃん(∀)

クローズ就労は求人数も豊富で給与も健常者と変わらないんだけど、障害について配慮してもらいにくいんだよね。

最後に 障害者が就職する際オープン就労とクローズ就労で迷ったら……

まとめの画像

オープン就労とクローズ就労には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

どちらを選ぶかで迷ったときは、

「どちらがより長く働き続けられるか」

をキーワードに考えると良いでしょう。

障害者の職業的自立など支援する独立行政法人の調べによれば、障害者雇用枠で働く人のほうが、

「会社への定着率が高い」

ことが判明しています。

しかし、一般枠で仕事に就いた障害者にも、就職した企業に定着し、活躍し続けている人も確かに存在するのです。

一つの職場で長く働き続けるには、自身が持つ障害への理解が不可欠です。

問題なくできることと苦手なことを把握すれば、オープン就労とクローズ就労のどちらを選ぶべきか、自然と見えてくるでしょう。

障害者の就職を支援する団体のサポートを借りつつ、あなたに合った働き方を見つけてみて下さいね。

だいちゃん(∀)

それぞれのメリット・デメリットを考慮して、自分にあった就職活動を行って、長く働ける職場に就職できると良いね!

という訳で今回は、「障害者の就職のオープン就労とクローズ就労」についてお伝えしました!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる