だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

中高年の障害者が就職するための”4つ”のコツ

拳を手のひらで隠すだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

中高年になると就職が困難になるのは、障害があるかどうかによらず大きな問題です。

一般的には30代までであれば採用する企業を見つけやすいですが、40代や50代となると就職先を見つけるのが困難になります。

障害者だとハンデがあるの更に難しいでしょう。

この記事ではその打開策となる就職のコツを紹介します。

目次

障害者で中高年で就職する為の4つのコツ

中高年のサラリーマン

【1】職業訓練を経て就職する

障害者はハンディキャップがあるから不利だと考えているなら、職業訓練を受けて就職するという流れを優先して考えるのがコツです。

中高年になると就職が難しくなるのは、企業が新人として採用して教育をしても、企業の事業活動に貢献してくれる期間が短いからです。

教育にはコストがかかるため、そのコストに見合った働きをして企業に利益をもたらしてくれないのでは採用する意味がありません。

障害者の場合には、一般的に教育コストが大きくなります。

その為、中高年になったときに採用してもらえる可能性は飛躍的に低くなりがちです。

しかし、採用してもあまり教育コストをかける必要がないのであれば企業の考え方も変わります。

即戦力の人材なら定年退職時期の間際になっても採用するのは一般の人でも良くあることで、嘱託社員として定年後も継続採用することすらあります。

職業訓練は障害者が現場で即戦力として働けるようになるためのスキルや知識、技術の習得をするための有用なサービスです。

ハローワークも就労移行支援事業所などで受けられるので積極的に活用しましょう。

特に就労移行支援事業所を利用すると、職業訓練を受けて習得したスキルを生かせる職場への就職斡旋を受けられます。

職業訓練を必死に受けても就職先を見つけられずに途方に暮れてしまうのではないかと不安な人は就労移行支援事業所の活用を検討しましょう。

逆に、ハローワークでは「職業訓練」と「就職活動」を切り分けることができます。

仕事を探すのは自分の力で進めたいという気持ちがある場合には、ハローワークを利用するのが適切です。

どちらが優れているかはケースバイケースなので、自分の考え方に合う方を選んで活用しましょう。

【2】中高年が活躍している職場を選ぶ

中高年の障害者が就職に成功するための基本的なコツとして、もともと中高年の人が活躍している職場を候補とすることが挙げられます。

一般的な企業の経理や法務などの専門性が高いバックオフィス業務では、中途採用では即戦力で経験豊富な人が選ばれます。

研究職のように高度な技術と経験が求められる職種も同様で、中高年になってから未経験で採用されることはほとんどありません。

しかし、中高年の人が見経験でも採用されて活躍している職場や職種もたくさんあります。

その中から自分の障害の種類や程度を考慮して、これから意欲的に取り組めるものを見つけ出すのが大切です。

中高年の障害者が活躍している現場としては福祉サービスの現場におけるカウンセラーやヘルパー、介護職員などが挙げられます。

障害を持っている立場として相談に応じることにより、同じように障害を持つ人たちから共感を得やすいでしょう。

アドバイスを受けたいというときには目上の人の方が信頼出来ると考える人も多いので、カウンセラーの採用は活発に行われています。

また、介護を受ける高齢者の希望として年齢的に近い人が良いということがよく挙げられています。

その為、障害があるかどうかに関わらず中高年の採用も積極的に進めている施設が目立っているのが現状です。

突出したスキルが必要にならない作業職も、中高年が活躍しています。

障害の種類や程度によって携われる業務には違いがありますが、工場での製品製造における軽作業、倉庫での仕分けなどの作業は典型例です。

駐車場やホテル、工事現場などでの誘導員や警備員も中高年の人が主力になっています。

また、オフィスでもデータ入力や情報集計などの業務で活躍している人が大勢います。

探してみると就職先の候補は沢山あるので、やりたい仕事がないかを見てみましょう。

【3】地域事情を考慮して就職活動を進める

中高年の就職では、地域事情を考慮するのもコツです。

地域によってニーズがある仕事にも大きな違いがあるので、他の地域では良いと言われていても自分の住んでいる地域では必ずしも職場を見つけやすいとは限りません。

逆にローカルな仕事で、中高年の障害者が活躍しているものが見つかる可能性もあります。

例えば、地方では倉庫や工場などが多いことから、軽作業職の募集が比較的見つかりやすくなっています。

それに対して都市部の場合にはオフィスでのデータ入力などの補助業鵜や駐車場の警備員、イベント会場の誘導員などの仕事が多いのが一般的な特徴です。

観光地として発展している地域ではガイドとして働ける場合もあるなど、ローカルな情報を手に入れると仕事の候補が飛躍的に増えます。

地域事情を考慮して就職活動を進めるには、ハローワークや福祉課の窓口を利用するのが良い方法です。

仕事を直接探したい場合にはハローワークが適していますが、仕事に関連する支援制度などを知りたい場合には福祉課の窓口から様々な情報を得られます。

あまり相談先を増やしてしまうと、相談するだけで時間も労力もかかってしまうので注意は必要です。

しかし、ハローワークと福祉課の窓口を併用して違う観点からアドバイスを受けてみると、活路を見出せる可能性が高まります。

積極的に情報を手に入れて、自分にとって有益な制度を使いながら魅力的な仕事を見つけ出しましょう。

【4】就職支援を積極的に利用する

中高年の障害者が就職を有利に進める為には、就職支援サービスを積極的に利用するのもコツです。

障害の状況と仕事をする上で役に立つ資格やスキルの有無によって、適切な支援サービスを選ぶ必要があります。

就労移行支援事業所や就労継続支援事業所を利用するとトータルサポートを受けられる為、これから就職をしたいけれど何をしたら良いかも良く分からないという状況でも、きっと魅力的な仕事を見つけられるでしょう。

仕事を探して自分から積極的に応募していきたいのであれば、ハローワークや民間の障害者向け求人サイト、障害者に対応しているエージェントサービスなどが有力候補です。

ハローワークは公的サービスなので求人を探して応募したり、就職に関して相談をしたりするのは無料です。

職業訓練を受けるには内容に応じた費用がかかりますが、障害者向けに用意されているものは比較的少ない費用で利用できるものも多々あります。

一方、民間サービスの場合にも求人を検索して応募したり、エージェントによる就職のサポートを受けたりするのは基本的に無料です。

そしてエージェントサービスでは、応募の際に書類作成や面接対応の支援を受けられるのも魅力です。

中高年になると何をアピールして応募書類を書いたら良いか、面接で何を伝えたら良いかがわからずに悩むことも多いので積極的に活用しましょう。

オススメの障害者専門の就職・転職エージェント

dodaチャレンジ
  • 非公開求人が80~90%
  • 大手企業~ニッチ優良企業まで幅広いラインナップ
  • 障害をオープンにしても高年収な案件が多い
大手企業や高年収を目指す障害者向けの就職・転職サイト
エラビバ
  • スマホ一つで完結!
  • 障害者の就職・転職業界大手!
  • 大企業の求人多数!
業界大手! 障害者の就職・転職を成功させたいならエラビバが最高!
アットジーピー(atGP)
  • キャリアアドバイザーによるアドバイスが無料
  • 豊富な求人情報を閲覧できる
  • 内定までだけでなく入社後のサポートも充実
10年以上にわたり、障がい者の就職・転職をサポート!キャリアアドバイザーによるアドバイスと豊富な求人情報で、転職サポート実績No.1!あなたの活躍できる職場を見つけるなら、【atGP(アットジーピー)】

最後に 中高年と障害者のニーズを考慮して就職活動を進めよう

両手の指でグッドをする女性

中高年になると就職が難しくなるのは一般の人だけでなく、障害者も同じです。

年齢と障害の両方が就職で不利になる要素なので、両者を克服することを前向きに検討しましょう。

ここで紹介したように職業訓練を受けて即戦力となることや、中高年の人が活躍している仕事や地域でニーズが高い仕事を選び出すのは成功のコツです。

障害者支援も積極的に行われるようになっているので、ハローワークや福祉課の窓口で情報を集めつつ、民間サービスも併用してサポートを受けながら就職活動を進めるのが効率的です。

社会的には少子高齢化に伴う労働人口の不足が問題になっているので就職のチャンスはきっとあります。

ニーズを探して自分の活躍できる仕事を手に入れましょうね。

例え中高年の年齢であっても、自分の頑張り次第で就職することは可能だから是非、ここのポイントを参考にして下さいね!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる