だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

ブランクがある障害者の就職活動のポイントを紹介します!

人差し指を指すだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

以前は働いていた経験があるけれど、しばらく離職していてブランクがあるという時には就職に対して不安が生じがちですよね。

就職出来るかどうかだけでなく、就職してもブランクが原因でしっかりと職務を全うできるか心配になることもあるでしょう。

今回、この記事ではブランクがある障害者が就職活動をする時に、抑えておくと役に立つポイントをわかりやすく解説していきます!

目次

ブランクがある障害者の就職活動のポイント

手書きの電球マーク

ブランクがあっても就業経験があるのは有利

前提としてまず押さえておきたいのが、ブランクがあっても就業経験があるのは障害者にとって大きなメリットになります。

一般の人が就職活動をするときに大きなブランクがあるのは、デメリットとして捉えられる場合も決して少なくありません。

ブランク期間に何をしていたのか、なぜブランクを作ったのかといった点が不審に思われてしまうからです。

子育てや親の介護、自分自身の病気やけがの治療のようにやむを得ない事情がある場合は、あまり大きな問題にはならないこともあります。

しかし、仕事が嫌になってしまって離職していた場合などには、採用しても継続的に働いてくれないのではないかという疑念を持たれてしまうのが通例です。

障害者の場合にも同様の状況があるのは確かですが、就業経験があるという事実の方が優先される傾向が強くなっています。

企業によって捉え方は異なるものの、実際に正社員として働いていた経験があるなら採用すれば一人前の人材として働いてくれると解釈するケースが目立ちます。

障害者を雇用した経験があまりない企業では、特に顕著な傾向です。

何故なら採用経験があまりないと、本当に業務をこなせるのかどうかを書類や面接による選考で判断するのが容易では無いからです。

しかし、過去に正社員として働いていたのなら、少なくとも業務を支障なくこなせる程度の能力を持っていると考えられるため、採用する上での懸念が少なくなります。

ブランクがある理由が仕事に対する意欲の低下などの場合には、面接を受ける上で対策が必要になります。

しかし、基本的には就業経験がポジティブに解釈されるので、前向きな気持ちで就職活動に取り組みましょう。

ブランクが長い場合には、面接で指摘されることがよくあります。

その理由をきちんと考えて説明できるようにしておけば、大きな問題はありません。

一般の人と同じようにブランクがあると就職で不利になると誤解せず、正社員として働いていた経験を前面に出してアピールするようにしましょう。

ブランクがない場合よりは不利になる

障害者が就職する上でブランクがあるかないかという点で見ると、ブランクがない場合よりはブランクがある場合の方が不利になります。

直近の業務経験の方が価値が高いと解釈されるからです。

ほとんどの業務についてこの考え方が通用するので、ブランクを作ってしまった場合にはあくまで過去に業務経験があるとアピールできるだけだという認識をしましょう。

即戦力として解釈してくれるかどうかは、応募先の企業次第です。

職種によっては、ブランクが長くても特に問題なく即戦力と認めてもらえることもあります。

営業職や事務職のように、基本的な方法を理解してしまえばどの職場でも同じような形で業務を遂行できる職種の場合には、ブランクがかなり長くても問題にならない場合が殆どです。

しかし、研究職や技術職のように最新の知識や技術を生かす必要がある職種の場合には、ブランクが数年あるとプロとしては認めてもらえないのが一般的です。

基礎的な知識や技術を持っているという認識で、今後の成長を期待できるかどうかが重視されます。

その為、ブランクが長いと専門的な経験としてはあまりプラスの評価を受けない傾向がありますが、就業経験という観点ではプラスです。

ブランクがあって不安なときの対策

ブランクがあると、本当に真っ当に仕事ができるかが不安になりがちです。

特に知識や技術が求められる仕事や、法律の改正に応じて柔軟に対応しなければならない業務の場合には、数年のブランクがあると素人のようになってしまうのではないかという懸念が生じます。

ブランクがあって不安な際の打開策としては、派遣社員やアルバイトで働く方法があります。

正社員として就職し、思ったように働けなかったり、実力を発揮できなかったりすると仕事が辛くなってしまうでしょう。

派遣社員やアルバイトの場合には数か月くらい働いてみることが可能なので、実力的に問題ないかを見極めることが容易です。

アルバイトから正社員登用制度を利用して就職したり、派遣社員から紹介予定派遣を利用して正社員になったりする道もあります。

採用する企業としても障害者を直接正社員として採用するのは不安になる場合も少なくありません。

派遣社員やアルバイトから正規雇用へという形を選びたいと考えている企業も多いので、就職の近道になる可能性もあります。

障害を負う前の経験は役に立つのか

障害者の中には、交通事故や病気の後遺症などの後天的な要因で障害を負っている人も大勢います。

ブランクがある際には、病気やケガで仕事から離れていたケースも少なくありません。

障害を負う前に働いていた経験があることが就職活動において役に立つのか、疑問に思うこともあるでしょう。

障害者として就職するのが初めての際によくある疑問ですが、一般的な傾向としてはやはり就業経験としてプラス評価になります。

社会人として働いていた経験があるという時点で、社会で働くための基本的なビジネスマナーなどを体得していると考えられるからです。

ただし気を付けなければならないのが、業務を遂行できる能力があるかどうかを判断する上では、障害を負う前の経験はあまり役に立たないことです。

障害の種類や程度によっては、以前は十分に業務をこなせていたとしても、障害を負ってからは遂行が難しい場合もあります。

頭脳労働をする職種で手足の障害を負っても、戦力として認めてもらえる可能性はあるでしょう。

しかし、作業職で手足の障害があるとなると、即戦力とは考え難いというのが一般的な見解です。

障害を負う前の経験が就職活動で有効活用できるかどうかは、経験のある業務次第だと理解しておきましょう。

だいちゃん(∀)

つまりは、ブランクがある人はしっかりと就活対策をしよう、ということだね!

ブランクがある障害者が就職活動ですべきこと

色鉛筆でcheckの文字を書いたノート

ブランクがある障害者は、自分自身の経験がどのように企業に評価されるのかを理解した上で就職活動を進めるのが大切です。

職種やブランク期間によって評価が異なり、その経験を生かしてどんな仕事をしたいと希望しているのかによっても好意的に捉えてくれるかどうかが違います。

障害者が持っているブランクに対する考え方は一般の人と同じではありません。

障害者支援センターやエージェントサービスなどで相談して、自分の経験がどのような評価を受けるのかを聞いてみましょう。

その情報に基づいて方針を立てると、ブランクを不安に思わずに就職する道を切り開けます。

悩んでいても年齢を重ねてしまうだけなので、まずは専門機関に相談して就職活動の方針を決めましょう。

最後に 障害者の就職はブランクがあっても就業経験を生かせる

本棚とまとめのブロック

ブランクがあると就職することに不安を覚えてしまいがちですが、障害者の場合には就業経験がある点で高い評価を受けられる傾向があります。

経験がある職種やブランク期間によって企業の捉え方には違いがあるものの、あまりネガティブな評価を受けることはありません。

特に障害者として働いた経験がある場合には企業からの評価も良くなるのが一般的です。

ブランクがあって真っ当に仕事をこなせるかどうかが不安な場合には派遣社員やアルバイトから始めて就職を目指す道もあります。

不安にさいなまれて就職を諦めてしまうとだんだんと年齢的に不利になってしまうことも考慮し、就業経験を生かすという視点で積極的に就職活動を進めるのが大切ですよ。

だいちゃん(∀)

就業経験があるほうが有利ではあるけれど、ブランクがあってもしっかりと対策が出来れば就職することは出来るよ!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる