だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

不安障害者でも就職したい!就職活動で重要なポイントをご紹介

両手を広げるだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

不安障害者だと診断された人は、就職活動中や就職後の職場で症状が出るのではという不安を持ってしまうこともあるでしょう。

その不安な気持ちを拭えない為、しっかりと就職活動に踏み出せない人もいます。

就職活動を行っても、上手くいかない人もいます。

そこで今回は、不安障害者に重要な就職活動でのポイントを紹介するよ。

目次

不安障害者が就職活動を成功させるための重要なポイント

ポイント文字の上に電球

不安障害者が就職活動を失敗している場合は、就職活動における重要なポイントを見逃している可能性が考えられます。

ここで紹介する重要なポイントを知っておくことで、就職活動の成功率が上がるかもしれませんよ。

自分の症状やレベルを把握しておく

不安障害者の症状やレベルは、個人によって異なります。

健常者と変わりない生活を送れる程度の人もいれば、人のサポートを必要とする不安障害者もいることでしょう。

重要なのは自分がどのレベルの障害を持っているか、という部分を知っておくことです。

何故なら、自分の障害に関する症状やレベルを知ることで、相手に詳しい情報を知らせることが出来るからです。

基本的には企業の面接官は障害のレベルや症状に関して詳しいわけではない、と考えておくのが良いかもしれません。

相手は不安障害者に限らず障害者に関して詳しい人ではないので、面接時に自分の障害のことを詳しく知ってもらうことが重要になります。

もしかしたら、自分の症状名だけを伝えても相手は理解してくれないかもしれません。

その為、症状名だけでなく、

  • どのような行動を取ることが多いか
  • どのような対策が必要か
  • どう接してもらえると助かるか

などを相手に伝えられるようにしておきましょう。

障害者枠を狙うなら障害者手帳が必要

就職活動中に障害者手帳を持ち歩いていない人もいるかもしれません。

しかし、障害者枠での就職を狙っているのであれば、障害者手帳を持っている方が基本的には有利に進めることが出来ます。

何故なら障害者枠での採用は、基本的には障害者手帳を持っている人が優先になることが多いからです。

特に不安障害者のような障害を持っている人は、手帳がないと面接官に健常者として見られることもあるかもしれません。

その結果、他の健常者と比較して面接で落とされるといった状況に陥ることも考えられます。

その様な状況を回避する為にも、不安障害者は障害者手帳取得しておいた方が良いでしょう。

コミュニケーションを取れるのは重要なポイント

面接官は同じような障害者が複数いた場合に、コミュニケーションを重視して採用する傾向が強いのではないかと思われます。

これは仕事をする中でコミュニケーションが重要になるだけでなく、症状が出た場合や症状が悪化した場合にコミュニケーションを取れる方が企業もサポートしやすいと考えているからです。

意思疎通の取れない人は採用されない可能性もある為、面接時には自分が意思疎通の取れる人間であることをアピールするのが良いでしょう。

症状が安定している方が採用率は高い

不安障害者の中でも頻繁に症状が出る人と、症状が出にくい人がいます。

企業は症状が安定している人の方が雇いやすいと考えている、と思っておいた方が良いでしょう。

その為、症状が安定している人の方が採用される可能性が高いと言えるでしょうね。

就職活動における成功率を高めたいのであれば、症状が安定してから就職活動を始めるのが良いです。

例えば不安障害者である人は、精神の乱れが少なくなったときに就職活動を始めるのが効果的でしょう。

医師に協力してもらうのも1つの方法

面接時の自分の受け答えだけでは、良い印象を与えられないこともあるでしょう。

不安障害者は自分の障害の症状に対する理解が得られずに、採用してもらえないこともあるかもしれません。

このような状況を改善する為の手段として、医師に協力を求めるのが良いでしょうね。

病院からもらう診断書や医師の口添えがあれば、企業は安心して障害者を採用できるというメリットがあるのです。

症状が出たときの対策に関する情報も医師から伝えてもらうことで、企業が不安障害者を採用しやすくなるでしょう。

だいちゃん(∀)

障害者の就職は、不安障害者に限らずとにかく使えるものは全部使うんだ!

不安障害者は「一般枠」と「障害者枠」の就職枠について考えよう

ポイントと書いた暗記カード

障害者は「一般枠」で就職活動を行うか、それとも「障害枠」を狙って就職活動を行うかという選択が可能です。

それぞれにメリットがあるので、自分に合う方を選択するのが良いでしょうね。

一般枠では業種の選択肢が多い

一般枠のメリットの1つが、業種や職種の選択肢が豊富にあることです。

業種や職種が豊富にあるので、自分がやってみたい仕事を見つけやすいという利点があります。

業種や職種が多いので、自分が得意とすることを活かせる仕事を見つけやすいのも良いポイントです。

一般枠は健常者と変わらない扱いになります。

基本的には他の人と同じ仕事をすることになるので、障害者として扱われるのが苦手である人に適していると言えるでしょう。

それに一般枠は求人数も多いので、採用される確率も上がります。

一般枠は健常者と同じ扱いになることが多いので、給料も高めに設定されているケースが多いというメリットもあります。

高収入を得たい人は、一般枠での採用を目指すのが良いでしょうね。

障害者への配慮があるのが障害者枠の利点

障害者枠では会社に障害者であることを伝えた上で雇用してもらうことになるので、仕事内容や勤務形態での配慮を得られやすいというメリットがあります。

例えば、障害者でも簡単にできるような仕事を用意してくれる会社が多いのです。

他にも障害者枠で雇用される人は、他の従業員よりも休憩時間が長い可能性があります。

休憩時間は同じでも、休憩の回数が多いというパターンもあるでしょう。

それに障害者枠で採用される場合は、通院や服薬を優先してもらえることも多いのです。

その為、通院などでの体調管理がしやすいと言えるでしょうね。

障害者への配慮が徹底している会社であれば、日によって勤務時間を変更してくれるケースもありますよ。

>>「一般枠」と「障害者枠」についての詳しい記事はこちら

不安障害者は正規雇用で必ずしも就職する必要は無い?

車椅子のサラリーマン男性

不安障害者の場合、いつ症状が出るかが分からないケースもあります。

その様な人は、正社員として働けないかもしれないという不安を持っている可能性もあるでしょうね。

そして就職活動と聞くと、必ず正規雇用を目指さなければならないと考えてしまう人もいるかもしれませんね。

しかし、それはあくまで最終目標だと考えておくことがが重要です。

自分の症状に不安が残っている場合は、アルバイト勤務が可能な仕事を探してみるのも良いでしょう。

何故ならアルバイト勤務であれば、シフト制なので勤務日数に関する融通が利きやすいからです。

アルバイト勤務で勤務日数を少ない状態にして働いてみることで、自分が仕事を続けていけるかという部分が判断しやすくなるのです。

それにアルバイト勤務が可能な仕事の中には、正社員登用制度が設けられているケースもあります。

自分の勤務状況に自信が出てきたら正社員登用を目指してみる、といった働き方もあるということはしっかりと頭に入れていおいて下さいね。

もしアルバイト勤務から正社員を目指すパターンであれば、正社員になったとしても職場の人は自分の症状を知っているので働きやすいでしょうね。

最後に 不安障害者は自分の症状を伝えて就職活動を行おう

まとめの文字を持ち上げるブルドーザーのおもちゃ

不安障害者が就職活動を失敗しやすいのは、自分の症状を上手く相手に伝えられていないからかもしれません。

どんな障害を持っていて、どういう対応を取るのが良いかという部分が分からなければ、企業も不安になるので採用を見送られてしまいます。

その為、重要なポイントとなるのは、企業に自分の症状に関する情報を正確に伝えることです。

もし、採用されないかもしれないという気持ちから嘘の情報を伝えてしまうと、就職後に苦労することになるからそれだけは辞めておきましょう。

そうならない為にも、しっかりと正しい自分の障害の症状を伝えましょう。

また、一般枠と障害者枠では採用率が変わってきます。

就職後のことを考えると、障害者枠を狙った方が働きやすいと考えられるでしょう。

自分の持っている障害を上手く付き合っていきながら、自分に合う職場を探して下さいね!

だいちゃん(∀)

どんな障害者であっても、自分の障害の症状にあった職場を探して、長く働けるようにすることが大切だよ!

という訳で、今回は「不安障害者の就職」についての記事でした!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる