だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

障害者は就職できない?障害者でも就職できるようになるポイント

人差し指を指すだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

障害を持っているから就職活動が上手くいかないと考えている人もいるかもしれませんが、それが原因で就職活動が失敗している訳ではありません。

就職できるようになるためのポイントを知っていれば、就職活動における成功率は高くなると考えられるでしょう。

そこで、今回は就職できないという悩みを抱えている障害者に向けて、就職するための重要なポイントを紹介します!

目次

障害者は就職できない原因を探って解決策を見つけよう

電球マークの虫眼鏡

障害者が就職出来ない原因と対策

障害者が就職出来ない場合、原因は障害を持っているからというだけではない場合もあります。

例えば、就職出来ない原因が他にあり、その原因を探らずに次の就職活動を始めてしまうことで同じ失敗を繰り返している可能性などが考えられるのです。

ここでは就職できない原因を探った上で、その原因に合った解決策を紹介していきますね。

企業の求めている条件に合っていないケース

健常者にも障害者にも同じことが言えるんだけど、双方の考えが一致する企業を探すのが重要です。

例えば、重度の身体障害者が清掃業務や運搬業務などの肉体労働の仕事に応募した場合なんかがそうだけど、身体を使う仕事に身体障害者は採用され辛いと言えるでしょう。

このケースで言えば、業務内容が肉体労働だから、この会社は身体障害者を採用対象外にしている可能性があるのです。

自分の持っている障害と企業が求めている内容が一致しないので、書類選考の段階で落とされて就職が決まらないという状況になります。

このような、就職希望者と企業との考えが一致していないことが原因で就職が決まっていない場合は、就職希望者である障害者は応募する職種を別のものにすることなどを検討したほうが良いでしょう。

今回のような重度身体障害者の例だと、身体を上手く動かすことが苦手なのであれば、身体を動かす機会が少ない仕事を探すのが効果的だと言えるでしょうね。

具体的な話で言えば、

  • 事務作業
  • 経理業務
  • 受付

などの、身体をあまり使わないデスクワーク等を選ぶと良いです。

これらの仕事を選択することで、企業の求める人材と自分とのミスマッチを防ぐことが出来るのです。

就労の支援を行ってくれる担当者が自分に合っていないケース

障害者の中には、就労支援サービスを利用して就職活動を行っている人もいるのではないでしょうか。

就労支援サービスでは就職支援を行ってくれるので、就職先が見つかりやすいというメリットがあります。

しかし、必ず自分に合った仕事を見つけてくれるとは限りません。

就労移行支援事業所や職業センターといった場所で働いている人の中には、残念ながら障害者の就職をサポートする経験が浅い方も中にはいらっしゃいます。

経験が浅い訳ではないけれど、自分との相性があまり良くない場合もあります。

その様な人が自分の担当者になった場合、そのままだと自分に合った就職先をなかなか見つけてもらえず、結果的に就職活動での失敗が続いてしまうという状況になる可能性があるのです。

このような、支援者が原因となっている場合には、勇気を出して担当者を変えてみるというのも効果的です。

担当者が変われば自分の希望を聞いてくれる可能性が高まり、就職活動が上手くいく可能性が上がるかもしれないので。

担当者を変えても問題が解決出来ない場合は、別の就労サービスでも相談してみると良いでしょう。

例えば障害者専門の就職・転職エージェント等を利用するのも1つの方法です。

そういった障害者専門の就職・転職エージェントは大手企業との繋がりがある会社も多いし、ただ相談に乗ってくれるだけでなく就職や転職に関するスペシャリストが的確なアドバイスをくれます。

無料で登録出来てサービスを利用出来るので、登録したことの無い人は一度登録して相談してみると良いでしょう。

ここに、おススメの障害者専門の就職・転職エージェントの情報を掲載しておきます。

dodaチャレンジ
  • 非公開求人が80~90%
  • 大手企業~ニッチ優良企業まで幅広いラインナップ
  • 障害をオープンにしても高年収な案件が多い
大手企業や高年収を目指す障害者向けの就職・転職サイト
エラビバ
  • スマホ一つで完結!
  • 障害者の就職・転職業界大手!
  • 大企業の求人多数!
業界大手! 障害者の就職・転職を成功させたいならエラビバが最高!
アットジーピー(atGP)
  • キャリアアドバイザーによるアドバイスが無料
  • 豊富な求人情報を閲覧できる
  • 内定までだけでなく入社後のサポートも充実
10年以上にわたり、障がい者の就職・転職をサポート!キャリアアドバイザーによるアドバイスと豊富な求人情報で、転職サポート実績No.1!あなたの活躍できる職場を見つけるなら、【atGP(アットジーピー)】

条件を絞りすぎている可能性

やっぱり障害者であっても、できるだけ良い条件の会社で働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

その考え方が間違っているわけではないんだけど、理想が高すぎると就職活動で失敗が続く可能性も高まってしまいます。

好条件の会社は競争率が高いので、どうしても採用されにくいのです。優れた能力や豊富な経験を持っているのであれば、倍率の高い企業でも採用してくれる可能性はありますが。

その様なことを考えれば、あまり条件を絞り過ぎず柔軟に就職活動をした方が良いと言えるでしょう。

特に給料面での条件を絞りすぎると就職に失敗する可能性が高くなるので、多少給料が低くても障害者に優しくしてくれる企業を探しておくのも良いでしょう。

他にも、自分が希望している職種で無くても、働きやすそうであれば応募してみるという選択肢も視野に入れて、障害者は就職活動を行いましょうね。

だいちゃん(∀)

障害者は自分の就職活動が何故上手くいかないのか、自己分析をして改善をしていくと就職出来る可能性が高まるよ!

障害者は就職できないと嘆かない為に、重要なポイントを知ろう

両手の指を一本上に挙げた女性

就職できない原因を見つけて解決策も実践したけれど、まだ就職先が決まらないという人もいるかもしれませんね。

そのような人は、障害者の就職活動における重要なポイントを知らない可能性があります。

ですのでそういった人の場合は、就職活動での重要なポイントを知っておくことで採用率を高めることが出来ます。

自分の症状や障害レベルに関する情報を具体的に説明しよう

企業が障害者の面接を行うときには、

  • その人はどんな症状が出るのか
  • 症状が出る頻度はどれくらいか
  • 障害レベルはどの程度か

こういった情報を知りたがっています。

これらの情報を知ることが出来ないと、その人に働かせるのは不安だという考えが強くなり、不採用になる可能性が高くなるのです。

このような事態を回避する為に、自分の症状や障害レベルに関する情報を詳しく説明できるようになっておくのが重要になります。

これらの情報を企業側に伝えておくことで、自分が就職した時に積極的にサポートしてくれるようになるのです。

障害者手帳を取得しておこう

日常生活を送る中で、障害者手帳を取得していない方もいるかもしれません。

しかし、就職活動では障害者手帳が重要なアイテムとなります。

障害者手帳を持っていなければ障害者枠での採用を断られるケースもあるので、持っていない方は障害者手帳を取得しておくことも大切な就職準備だと言えるでしょう。

また、障害者手帳を持っていれば、障害者手帳を見せるだけで企業に自分の抱えている障害に関する情報を伝えられるというメリットもあります。

ですので、知的障害者や発達障害者のように自分の口では上手く自分の抱えている障害について説明できない場合にも、障害者手帳が役立つこともあるので是非、障害者手帳は取得して持参しておきましょう。

医師の診断書や意見書を有効活用しよう

特に障害者採用を殆どしたことの無い企業に多いんだけど、どうしても企業側は障害者について詳しく無いことが多いです。

障害に関する症状が出てしまった時の対応が分からない企業も多いです。

ですので、自分の障害については自分自身でしっかりと企業側に伝える必要があります。

そいういった場合には、医師の診断書や意見書を有効活用するのも1つの方法です。

医師の診断書があれば、ある程度は障害について企業側も調べることが出来るから対応しやすくなって、企業側も安心して障害者を雇用出来るようになるのです。

医師の意見書を書いてもらう場合には、症状に関する対処法や症状が出る時の条件といった部分を明記してもらうと、より企業側に自身の障害について伝えることが出来ます。

それらの情報が記された意見書を企業に提出しておくことで、自分が働いているときに症状が出たとしても適切な対応を取ってもらえるという利点があるから、医師の診断書や意見書は是非、有効活用しましょう。

アルバイトから始めてみるのも効果的な手段

企業によっては、アルバイトから正社員へのキャリアアップをサポートしているケースもあります。

その為、障害者はいきなり正社員を目指さずにアルバイトから始めてみる、というのも一つの選択肢として頭に入れておくと良いでしょう。

アルバイトから正社員を目指す利点としては、いきなり正社員やフルタイムの契約社員等で障害者に仕事を振るのは怖いと感じている企業でも、アルバイトなら採用してみようという気になって企業に潜り込むことが出来ます。

その様にまずはアルバイトとして就職して就職することで、職場の人に自分の障害について理解して貰うことが出来るのです。

すると、障害者を正社員採用したいけれどいきなり正社員採用をするのは怖いという企業でも、障害の特性やその人の人間性を知ることで、正社員として採用しやすくなるのです。

そして、正社員になる頃には自分の障害について会社内で理解を得ることが出来ているので、周りの社員からの適切なサポートを受けながら働くことが出来るのです。

また、アルバイトの段階で仕事に慣れることが出来るので、障害者側も正社員になったとしても戸惑うことなく仕事を進められるというメリットもあるので、正社員に拘らずにアルバイトとして就職してみるという選択肢も視野に入れておくと良いでしょう。

だいちゃん(∀)

これらのポイントを押さえて就職活動を行うことで、障害者だから就職できない、ということも無くなるんだ!

まとめ 障害者でも正しい就職活動を行えば就職できないなんことは無い

人差し指を指す女性

就職がなかなかできないと障害者は、正しい就職活動を行えていない可能性もあります。

就職活動は、就職希望者と企業の考えが一致した時に採用される可能性が高くなるから、正しく就職活動を行いましょう。

就労サービスの担当者が自分に合っていないなと感じた場合には、担当者の変更を考えてみるのも良いでしょうね。

また、障害者の就職活動では、自分の症状や障害レベルを詳しく伝えることが重要です。

上手く自身の障害について伝えられない場合には、障害者手帳を有効活用するのも良いです。

他にも、医師の診断書などを有効活用するのも良いでしょう。

この様な、就職活動における重要なポイントを知っていれば、就職活動の成功率を上げることが出来るのです!

だいちゃん(∀)

障害者でも就職できないなんていうことは無い! 正しい就職活動を行って内定を掴み取ろうね!

という訳で今回は、「障害者でも就職できないなんていうことは無い!」ということをお伝えしました。

ここに出てきたポイントを押さえて活用して、良い会社へ就職しましょう!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる