だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

障害者の就職活動でボランティア経験はアピールすべき?効果的なアピール方法をご紹介

腕を上に挙げるだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

就職活動では、自分をアピールすることが大切です。

もしボランティア活動の経験があるならば、ぜひとも積極的にアピールしていきましょう。

ボランティア経験を効果的にアピールできれば、希望の職場への就職はもちろん、より良い職場が見つかるはずです。

という訳で今回は、障害者の就職活動でボランティア経験を効果的にアピールする方法をご紹介します。

目次

障害者の就職活動でボランティア経験をアピールする方法

プレゼンをするデッサン人形

これまでにボランティア経験がある人は、就職活動の際にぜひ積極的にその経験をアピールした方が良いです

ボランティア経験を上手にアピール出来ると、就職活動で有利になる可能性があるからです。

競争率の高い職場では特に、ボランティア経験を上手にアピールして自分を印象付けたいところですね。

何故なら面接では、担当者に良い印象を残すことも大切になるからです。

そして、ボランティア経験を積極的にアピールできれば、様々な経験をしてきた人なのだという印象を面接官に与えることが出来ます。

やはり、自分にはアピールするポイントがないと思い込んでしまうと人間、自信の無い態度になってしまいますよね。

ですが、ボランティア経験をアピール出来ると分かると、就職活動も積極的に行えるし、面接も前向きな態度で挑むことが出来るのです。

それと、ボランティア経験は立派なアピールポイントなのだと理解することも、障害者が就職活動する上で覚えておきたいポイントです。

この様にでボランティア経験があるというのは、伝えると良い印象を与えられる可能性があるだけでなく、自身の心境や態度にも良い影響を与えてくれるのです。

改めて、ボランティア経験があるというのは自慢出来ることなのだということを覚えておきましょう。

障害者の就職活動でボランティア経験のアピールに効果はあるのか

障害者が就職活動においてボランティア経験をアピールするということに、果たして効果はあるのかと疑問に思う人もいるはかもしれませんね。

ボランティアを経験しているということは、それだけ様々な経験をしてきているという印象を、面接官に与えることが出来ます。

ですので、ある程度は良い印象を与える効果は期待出来ると思っていて大丈夫です。

ただし、ボランティア経験があるからといって、即採用という企業は当たり前だけどありません。

アピールの仕方によっては十分に効果がありますが、採用の決め手になるか否かは企業や担当者次第と言えるでしょう。

それでも、ボランティア経験は積極的にアピールしていく方が良いです。

何故なら、社会に貢献しようとしている心構えや行動力は、決して悪い印象にはならないからです。

また、少しでも良い印象を残すことが就職活動を勝ち抜く秘訣だから、アピールポイントは1つでも多い方が良いというのも、アピールしていきたい理由になっているのです。

障害者の就職活動でのボランティア経験のアピール方法

障害者の就職活動で、ボランティア経験をアピールする方法はいくつかあります。

まず最初に挙げられるのが、面接官に直接伝えるという方法です。

殆どの企業の面接では、

  • 自分のアピールポイントはどこなのか
  • これまでどのような経験をしてきたのか


このようなことを問われます。

その様な時にボランティア経験をしてきたのかをしっかりと伝えられると、担当者も満足してくれるはずです。

ボランティア経験をアピールする際は、

  • どんなボランティアを経験してきたのか
  • ボランティアを通じて自分はどういう感想を抱いたのか

そういったことも具体的に説明できると尚良いでしょうね。

例えば、清掃のボランティアに参加したとします。

その様な場合は、

  • どのような場所を綺麗にしたのか
  • 清掃をしている時にどのようなことを感じたのか

といったことを、を分かりやすく伝えてみた方が良いでしょう。

すると、社会活動に積極的な上、

「自分の気持ちを分かりやすく伝える能力のある人」

だという印象を与えることが出来るのです。

履歴書に記入してみる

自己アピールの際に担当者にうまく伝えられる自身がないという場合には、履歴書に「ボランティア経験有」と記入してみるのも良いでしょう。

また、障害の特性に合いそうなボランティアだから参加してみたという場合は、そのことを記載しておきましょう。

何故なら、担当者が特性を理解しやすくなるだけでなく、どのような業務を担当してもらうと能力を発揮できるのかを理解しやすくなるからです。

だいちゃん(∀)

せっかくボランティアという良い経験・活動をしているのに、そのことを履歴書に書いたりしないのは勿体ないよ~!

障害者の就職活動でボランティア経験をアピールする際の注意点

NGの看板を持った手

障害者が就職活動する場合に、ボランティア経験があるということはアピールになることは確かです。

しかし、ボランティア経験をアピールする際は注意したいこともあるというのは、覚えておきたいポイントです。

注意点を理解しておかないと、ボランティア経験をアピールしたことがマイナス評価になってしまう場合もありますからね。

そこで、ここからはボラティア経験をアピールする上で注意したい3つのポイントをご紹介します。

【1】就職活動の為だけにボランティアをしてアピールに使うな

障害者が就職活動する場合にボランティア経験をアピールするのは有効だから、就職活動を有利にする為にボランティアに参加するという人もいますよね。

ただし、就職活動の為にボランティアをしていましたと話してしまうのはNGです。

ボランティア経験があるというのがアピールポイントになるのは間違いないです。

しかし、企業側が知りたいのはあくまでその人に業務を任せられるかどうかなのです。

就職活動の為にボランティア活動をしたとアピールしても、企業は判断に困ってしまうだけです。

それに、そのようなことを口に出してしまうのは、自分の目的の為だけにボランティアを利用したと、例え就職活動の為だけに行ったのではないとしても誤解されかねません。

この様になってしまっては、せっかくのアピールポイントがマイナス評価になってしまいます。非常に勿体ないです。

ボランティアに参加したのは、就職活動を有利にするためではなく社会や地域のために役立ちたいなど、自分なりの奉仕や慈善の気持ちがあったということをしっかりと伝えられるようにしましょうね。

【2】ボランティアと仕事は別ものだ

ボランティア経験があるということは素晴らしいことなのは確かです。

しかし、無償のボランティアと金銭が発生する仕事とは全くの別もの、ということも理解していて欲しいポイントです。

奉仕活動を頑張ったというアピールをし過ぎた結果、仕事を行う上でのシビアな考え方は出来るのか? と疑問に思われてしまう場合もあります。

そうなってしまわない為にも、

「ボランティアで経験したことが仕事でどのように活かせるのか」

を説明できるようにする必要があるのです。

【3】ボランティアに参加したというだけではアピールになり辛い

ボランティアに参加しましたというだけでは、障害者の就職活動においてアピールポイントにはなり辛いです。

ボランティア経験をアピールする為に大切なのは、「それを経験して何を得たのか」ということなのです。

清掃のボランティアに参加したと仮定して、ただゴミを拾いましたで終わってしまっては、企業側の就職担当者は何も感じてはくれません。

ごみを拾って街を綺麗にしたことで自分は何を得たのか、という部分をしっかりとアピールしましょう。

経験を通じて何を得たのか、そしてそれを相手に伝えられるのかというのがとても大切ですので。

経験だけ語って終わってしまってはアピールにならないということは、覚えておきたいポイントとなっています。

だいちゃん(∀)

就職活動の為だけにボランティアを行ったり、ボランティアを行ったことを適切にアピール出来ないと、就職活動を行う上でプラスにはならないんだ……。

まとめ 障害者の就職活動ではボランティア経験をアピールしよう

自己分析の文字を拡大する虫眼鏡

障害者が就職活動する上で、ボランティア経験があるというのはアピールポイントになることはここまで書いてきて伝わったと思います。

しかし、ボランティアをして何を得たのかということを伝えられないと、効果的なアピールにはならないでしょう。

ですので、ボランティア経験をアピールする際は、ボランティアをしたことにより自分は何を得られたのかを改めて確認する必要があるでしょう。

そして、ボランティアで得たものをしっかりとアピールできるようになると、面接に挑む態度にも自信を持てるようになり、担当者にも良い印象を与えやすくなるので就職活動が有利になるでしょうね。

就職を考えている人は、ボランティアで得たものをもう一度確認し直して、ぜひ就職活動でアピールしてみて欲しいです。

そうやって是非、自分の希望する就職先への内定を掴み取って下さいね!

だいちゃん(∀)

ボランティアを行うことは素晴らしいことなのだから、就職活動には是非、有効活用して欲しいな! でも、就職活動の為だけに下心丸出しでボランティアを行ってそれをアピールに使うのはNGだよ!

という訳で、今回は「就職活動を行う上で、ボランティアの経験はアピールすべきかどうか」についてお伝えしました!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる