だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

就職の際に障害者であることを隠すのは問題が無い?

拳を合わせるだいちゃん

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

障害者の中には、就職活動をしてもなかなか就職できないと悩んでいる人も少なくありません。

その結果として障害者であることを隠して就職活動を行ったり、実際に就職している人もいます。。

しかし、障害者であることを隠すことは就職で問題無いのでしょうか?

このように障害者であることを隠して就職活動をしたり就職することを「クローズ」と呼ぶのですが、その様な行為に問題が無いかどうかをこの記事では書いていきます!

目次

障害者が障害を隠すことで就職することは問題無いのか

顔を手で覆う女性

結論として、障害者が自身の障害を隠して就職活動をしたり企業に就職することは可能です。

そもそも就職する際に自分に何らかの障害があるかどうかを、会社に申告する義務はありません。

この為、障害者自身が申告しなければ障害者手帳などを提出する必要は無いし、障害者枠での雇用ではなく一般雇用の枠で応募すれば障害者であることを隠したまま就職することは可能なのです。

実際に就職する際に障害者であることを隠すという人は少なくないですし、法律上も障害者であることを隠す行為は違法ではないとされています。

このような点から、障害者は必ず障害者枠で雇用されなければいけないという訳ではなく、本人が隠したいという希望があれば隠して就職活動をすることは出来るのです。

就職してからはよほどの問題やトラブルを起こさない限り周囲に隠し通すことは不可能ではないし、申告する義務は変わらず発生しないから隠し続けることも出来なくは無いのではないでしょうか。

ただ障害であることを隠す場合はメリットだけではなく、デメリットも発生することを理解しておかないといけないでしょう。

障害を隠したまま就職するメリット

障害者であることを隠して就職した場合のメリットとしてまず挙げられるのが、職種の選択肢が増えることです。

障害の内容によっては希望していてもなかなか採用されない職種がいくつかあり、そのような職種の企業は障害者枠での採用をそもそも行っていない場合も少なくありません。

この為、希望する職種で障害者枠が確保されていなかったり、障害者の採用率が悪い場合は、障害を隠すことで採用してもらえる可能性があるのです。

また、障害者であることを隠して就職活動をした場合、障害者としてだと希望する職種がなかったとしても、障害者ではなく一般雇用者として仕事を探すことになるので、自由に仕事を選びやすくなるところは大きなメリットとなっています。

また障害者枠で雇用されるとキャリアアップしにくかったり、給与面でどうしても低く設定されている場合が多いです。

そうなるとどんなに長く働いてもキャリアを積むことができず、

  • 自分がやりたい仕事ができない
  • 将来的に目指している職種に就くことが出来ない

と悩む人も少なく無いのです。

その為、一般雇用で就職することで他の人と同じようにキャリアを積んだり、職種によっては高い給料の仕事をすることが出来るのです。

ですので、就職の際に障害者であることを隠すのは、障害の無い人と同じ立場で仕事が出来るというメリットがあると言えるでしょうね。

障害を隠したまま就職するデメリット

では障害者が自身の障害を隠して就職するデメリットとしては何が考えられるのかというと、障害を持たない人間として仕事をしなければならない、という点があります。

障害を隠すという事は一般雇用での採用となる為、障害者枠で雇用された場合に配慮してもらえる通院に関することや薬の副作用に関することが通用しなくなるのです。

それらの配慮をしてもらうためには障害者であることを申告しなければいけないので、障害の内容や状態によっては隠すことが難しくなります。

特に薬の副作用に関しては眠気がくるというものが多く、障害者であることを申告せずにそのような状態になってしまうと、職務怠慢と判断されるリスクがあります。

また、障害者であることを隠して就職すると入院や薬の副作用のことだけではなく、勤務形態や業務に関する配慮をしてもらえない点もデメリットの一つになるでしょう。

障害の内容によっては体調に合わせて勤務時間を調整してもらったり、苦手または出来ない業務を周囲にカバーしてもらわなければなりませんよね。

ですが、障害者であることを隠している状態ではそのような配慮をしてもらえないので、ある程度自分達で調整したり周囲にお願いしていかなければならないのです。

その結果として、障害者であることが職場や会社に知られてしまうリスクもあることから、その事は大きなデメリットと言えるでしょう。

他にも、障害者であることを隠していると就労支援センターや就労移行支援事業所など、障害者が困った時に相談できる支援機関が職場に介入出来ないというデメリットもあります。

支援機関が職場に介入できないとなると、困ったことや悩みがあっても自分で対応しなければならず、事前に対策を講じておかなければならなくなるのです。

だいちゃん(∀)

一見、障害者であることを隠しておいた方が就職活動においてメリットが大きいように感じるけれど、実際は隠すことはデメリットも大きいんだ。

障害者であることを隠すことで就職するにはどうすればいい?

粘土で作られた疑問の看板と男性

障害者であることを隠して就職することはメリットもあるけれど、デメリットも決して小さくはありません。

それでも障害者であることを隠したい場合は、就職する際に何らかの対策を講じておく必要があるでしょう。

例えば障害者の中には定期的に通院をしなければいけない人もいますが、その場合は通院日や頻度を主治医と相談して調整するという対処法が効果的になります。

通院日が仕事の日と重なってしまっても申告することは出来ないので、できる限り仕事の日や勤務時間と重ならないようにしたり、服用する薬の内容を仕事の負担にならないように調整していくのです。

更に、勤務中に具合が悪くなってしまった場合の対処法も相談して、仕事と治療を両立させることが出来るようにすることが大切です。

また、障害者であることを隠して就職すれば職種の選択肢の幅が広がるというメリットはあるけれど、自分の障害の内容と希望する仕事内容がマッチするのか検討しておかなければなりません。

一般雇用となると自身の抱える障害のことは自分でカバーしていかなければいけないし、就職先の企業からの支援やフォローは受けられないので、きちんと自分で障害をカバーして仕事が出来るかを考える必要があるのです。

それでも障害を隠して就職できるか分からない、どうすればいいのかわからない場合は、就労支援センターや就労移行支援事業所などの支援機関に相談するという手段も有効になってくるでしょう。

支援機関では同じように障害を隠して就職した人達のサポートを行っていることが多く、同じような相談を受けているところも少なくありません。

この為、過去の事例などを参考にした対策を教えてもらえる可能性が高いから、一人で悩まずに相談してみることも必要となります。

これらの対策を講じても障害者であることを隠して就職することが難しいのであれば、面接の際に人事部や経営陣などの上層部にのみ障害者であることを明かすという方法もあります。

その場合は完全に障害者であることを隠して仕事ができる訳ではありませんが、人事に関わる人達に伝えておくことである程度は配慮してもらえる可能性が高くなるのです。

実際に働く現場には伝えないでほしいとお願いすれば配慮してもらえることもあるので、どこまで障害を隠すのかがポイントになってくるでしょうね。

最後に 就職の際に障害を隠すのはリスクを理解して対策をしよう

まとめのブロックの画像

基本的に障害者であっても必ず障害を申告する必要はなく、本人が希望しているのであれば障害を隠したまま就職をすることは可能です。

その様にする事で一般の人たちと同じように働くことが出来るし、キャリアアップなど希望した働き方も可能になってきます。

ただ一般の人達と同じように働かなければいけないので、障害者であるという配慮をしてもらえない点には注意が必要になるります。

この為、障害者であることを隠して就職する場合は、事前に障害を隠して働くことのリスクを理解しておかなければならないでしょうね。

その上で、障害を抱えたままどのように治療と両立していくのか、万が一の場合はどのように対処していくのかなど、対策を講じて就職活動に臨むことが重要になるので、障害者であることを隠すかオープンにするかについては、かなり慎重に判断してから就職活動を行うようにしましょうね!

だいちゃん(∀)

障害者であることをオープンにした状態でも一般雇用枠に応募は出来るから、出来る限りは障害者であることを隠さない方が良いと思うよ!

という訳で、今回は「就職の際に障害者であることを隠すのは問題無いのか」ということについての記事でした~!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる