だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

就職活動で障害者であることがバレるとどうなる?

だいちゃんが手を合わせる

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

就職活動において、障害者であることが不利になると考えて、障害者だということを隠して就活する人がいます。

自分が障害者であることを隠すことに問題はないのでしょうか?

また、もし採用後に障害者であると職場でバレたら、どんなことが起きるのでしょうか?

そこで今回は、障害者という立場を秘密にすることにより生じるリスクや対策について解説していきます。

目次

障害者だとバレることなく就職することは可能か?

外見からでは障害者だとわからないことも多い

障害者が抱える障害には、身体障害や精神障害のほか、知的障害や発達障害など様々な種類がります。

4肢の一部が欠損していることが明らかな肢体不自由などの障害は隠しようがないけれど、軽度の知的障害や発達障害などは、外見からではわからないことも多いのです。

精神障害についても、情緒が安定している小康状態では、ときには障害のない人と区別は付きません。

本人が申告しないと障害の存在が明らかにならない場合、採用面接などの就職活動の段階で障害を企業に伝えないというケースもあるのです。

障害者が障害を隠すのは一般枠の場合

こうした事態が生じるのは、一般枠と言って障害者が一般の健常者と同じ土俵で就活を行う場合に限られると言えるでしょう。

障害者の就職方法は、「一般枠」以外にも「障害者枠」という特別な採用枠がありますが、障害者枠を利用するためには、

  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳

といった障害者手帳を提示して、障害者であることを開示しなければなりません。

一般枠で障害者であることを隠して就職活動をした場合、健常者として扱われることになるのです。

障害者枠を利用して入社できても、障害者に対する偏見や差別に悩まされることや、重要な仕事を任されず簡単な軽作業しかやらせてもらえない事態を恐れて、障害を隠し一般枠の採用を目指す障害者も少なくないという現実があります。

障害を隠して働くリスク

健常者と同等の義務を課される

障害を隠して就職活動を行い採用されることになったら、採用後もずっと障害を隠し通さなければならないでしょう。

上司や同僚は障害の存在を知らないので、健常者と同等の扱いをしてくることになると思います。

当然ですが、障害に対する配慮をしてくれるはずがありません。

例えば、定期的な通院や休養の必要があっても、頻繁に休むことは認められないことになります。

また、勤務時間中に服薬の必要があっても、職場で堂々と薬を服用することも出来ません。

更に、障害者には困難なタスク・仕事であっても、健常者と同様に仕事を任されることになるでしょうね。

障害を隠していること自体がストレスになる

障害を隠していると、いつかばれるのではないかという不安が常につきまとうことになるかもしれません。

障害の存在を悟られないために、時には上司や同僚に嘘をつかなければならないこともあるでしょう。

これには、良心の呵責(かしゃく)も伴います。

障害を隠すことにより、後ろめたい気持ちが表情に表れたりし、同僚から不審がられる可能性もあります。

障害を隠しているだけでも、長期間に渡ればきっと大きな心理的負担となるでしょう。

こうしたストレスが例えば精神的なダメージの治癒を遅らせたり、障害を悪化させたりする結果に繋がる恐れもあるのです。

だいちゃん(∀)

障害者が自身の障害をオープンにして就職活動をすると大変な部分があるけれど、隠したら隠したでとても大変な思いをするんだ……。

障害者であると就職で職場にバレるのか?

障害について人事部がアンケートを取ることがある

本人が黙っていれば障害の存在は決してバレない、というケースもあるかもしれませんよね。何故なら、必要性が無いのに勤務先の上司が、部下に障害の有無を尋ねることは禁止されているからです。

ただし、障害者雇用促進法により、企業は積極的に障害者を雇用することが求められているので、最近では人事部が障害の有無について社員にアンケートを取ることがあります。

こうした調査は厚生労働省の定めた、

「プライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドライン」

に沿って遂行されるもので、あくまでも対象者の同意がないと回答を求めることが出来い事にはなっていますが現実問題、そういう訳にもいかず、答えざるを得ないことになる場合も少なく無いのです。

障害者の優遇措置を受けたいときなど、職場に障害がばれることもある

もっとも、職業リハビリテーションサービスなんかの障害者に対する公的支援を受けたい時は、会社側に障害者である旨を伝えなければいけないこともあります。

また、心身に障害に関する症状が例え現れなかったとしても、任意調査に答えなくても、職場での何気ない会話を同僚としている時に、障害者手帳の存在や公的な障害者支援サービス・障害者優遇措置の利用などの実態を悟られてしまうこともあります。

所得税の障害者控除のほか、健康診断の結果や健康保険組合の利用履歴・傷病手当金の受領などから、事務職員や上司が気付いてしまうケースもあるかもしれません。

この様な場合も、上司は障害の有無について部下に質問することは許されていませんが、いずれにしても、会社から障害の有無に関する照会を受けた時に、どのように対応するか予め考えておかなければ色々と大変な思いをすることになるでしょう。

まあ、隠している時点で結構大変なのですが……。

障害者だと就職でばれたらどうなるのか?

同僚や上司から冷たい視線を向けられる

どんなに隠し通そうとしても、長年勤めていればいずれ障害者であることはバレると考えておいた方が良いと言えるでしょう。

管理職はそんなに甘く無いです、あなたが思っている以上に能力の高い人達の集まりだからです。

一旦自身の障害がバレてしまったら、周囲の態度は一変するというほどまではないかもしれないかもしれませんが、微妙に変化することでしょう。

これまで健常者だと偽っていたことについて咎め(とがめ)られることはないかもしれませんが、「嘘つき」の汚名を返上することは難しくなるでしょうね。

自信の障害のことを隠して就職している障害者は障害がばれた後、次第に居づらくなって退職してしまうケースも少なく無いのです……。

障害を隠していたことに法律上の問題はない

ただし、障害を隠して入社したからといって、経歴詐称などの不法行為として採用を取り消されたり、給与減額などの処分を受けたりするという心配は法律上はありません。

障害者であることはプライバシーの一部だし、就職活動においても他人に知らせる義務は一応、無いことにはなっているからです。

障害を隠して入社し、勤務開始後に障害を理由に職務命令を拒むといった行為がない限り、法律上の責任を問われることはありません。

ただし、現実問題としてそんなに甘くはありませんが。

やはり、障害を隠して入社したことで、何かしら業務上の問題があると判断された場合には最悪、解雇されるケースだって少なくはありません。

障害者であることを開示した方が良い

障害者であることを隠し通し、健常者と同等かそれ以上の仕事をこなしてキャリアアップできるなら、わざわざ障害を開示する必要は無いかもしれません。

ですが、実際には繁忙期に激務をこなす場面などで、どうしても障害がネックで健常者に劣ってしまうことだって少なくはありません。

入社だけが目的なら障害を隠すことにも意味があるかもしれませんが、入社後に好きな仕事をして自己実現したいなら、最初から障害者であることを明示して就職活動に臨んだ方が良いでしょう。

何故なら、もし開示された障害を理由に採用しない企業であれば、障害を隠して入社したところで、障害がバレた時に寛容な対応を恐らくしてもらえない可能性が高いからです。

このように障害者に冷たい企業には、最初から応募しない方が賢明です。やはり、そういう企業は例え健常者が入社したとしても大変な目に遭うでしょうから。

もっと言うと、「ブラック企業」と言われる企業に当たる可能性が高くなるかもしれませんので。

別に障害を隠さなくても、開示した状態でも一般枠には応募することは可能です。

ですので、自分のやりたい業種の企業に一般枠で障害者としてチャレンジしてみるほうが、障害を隠して応募をして後で大変な目に遭うよりずっと良いと言えるでしょう。

もし採用されれば、その職場は働きやすい職場となる可能性が高いでしょうし。

障害者を良く採用する企業は、障害の内容や程度に応じて勤務や休暇について良く配慮してくれます。

また、障害があると実施が困難な業務を命じられることも殆どありません。

休憩時間に服薬したり、定期的に通院したりしても、白い目で見られることが、障害を隠して就職した時よりも障害をオープンにして就職したほうが少なくなるのです。

最後に 障害者の就職で障害がバレることを恐れない為に

障害はデリケートなプライバシー情報の1つだから、就職活動といえども会社の採用担当者に必ずしも開示する必要はありません。

また、障害を隠して入社しても法的責任を追及されることも無いけれど、そういった場合には障害者が受けることの出来る公的サービスなんかの一部を放棄しなければならなくなることも忘れないようにしましょう。

それから、職場で障害について任意の照会を受けることもあります。

こうした場合に、もし障害を隠して就職した場合には一貫して拒否するか、または障害がばれることを恐れず協力するかについて予め方針を決めておきましょう。

万一、上司や同僚に障害がバレた時にも、どのように対処するかは考えておくことが必要です。

バレない前提で勤め続けると、不測の事態が起きた際に対応不能となるので、もし障害を隠して就職活動をしていたり就職している場合には注意しましょうね。

だいちゃん(∀)

障害を隠して就職しても大変なことになるケースの方が多いから、なるべくなら自身の抱えている障害をオープンにして働ける会社へ就職しようね。

という訳で、障害を隠して働くことは法律上特に問題という訳ではないけれど、あまり良い結果にならないことの方が多い、というのが結論だよ。

障害をオープンにして働ける会社へなるべくなら就職したほうが、後々のことも考えて良い結果に繋がるよ~。

そんな感じ。

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる