だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

障害者は特例子会社に就職した方がいい?特例子会社を選ぶメリットとは

だいちゃんと履歴書

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

障害者の就職活動で重要なポイントは、「どういう会社を選ぶか」ということです。

基本的には障害者への配慮ができる会社を選ぶ方が働きやすいですよ。

しかし、どの様な会社を選んだら良いか分からないですよね。

そんな時には特例子会社を選ぶのも良いですよ。

求人募集や面接だけだと、障害者に対する配慮ができているかという部分を判断しにくいケースも多いですが、特例子会社ならそういった部分をクリアしていることが多いので。

という訳で、今回は特例子会社を選ぶ利点を紹介していきます!

目次

障害者は特例子会社に就職した方がいい?

背中合わせのビジネスパーソン

障害者が就職で特例子会社を選ぶメリット

障害者が就職先を探すときの選択肢の1つとして「特例子会社」という存在は欠かせません。

特例子会社は主に大企業を親会社として設立されている子会社なのですが、親会社が障害者の受け入れの難しい会社の場合などがあります。

しかし、「障害者法定雇用率」というのがあり、企業は全従業員の2.3%は障害者を雇用しないといけない、という決まりがあります。

それを守らないと罰金を支払わないといけませんし、企業イメージも悪くなります。

そこで特例子会社の登場なのですが、特例子会社で障害者を雇用したら、親会社の障害者法定雇用率の為の人数に換算していいという仕組みになっているのです。

そして、特例子会社は最低でも5人以上の障害者を新規雇用しなければならないので、他の会社よりも障害者が就職しやすいのです。

という感じで、ここでは障害者が特例子会社に就職することで得られるメリットを紹介していきます!

設備面におけるサポートが充実している


特例子会社を選ぶことで得られるメリットの1つが、設備面でのサポートが充実していることです。

例えば、特例子会社ではバリアフリーが徹底されていたり、障害者の為に様々な工夫をされているケースが多いのです。

段差を少なくしている会社やスロープを設置していたりして、車椅子が必要となる人でも働きやすい環境になっています。

そして、特例子会社は休憩室が完備されていることも多いのです。

休憩室があれば、障害者が勤務中に体調を崩しても休憩を取りやすいので、身体にも優しいといえます。

車椅子に座ったままでも働きやすいように、デスクスペースを広く取っている企業もあります。

特例子会社は他の会社よりも障害者が多い傾向にあるので、障害者用のトイレが多く設置されていたりすることも多いのです。

障害者をサポートしてくれる人がいる

例えば、サポート無しで行動するのは難しいという障害者もいますよね。

その様な障害者をサポートしてくれる人材を雇っているのも、特例子会社のメリットです。

例えば、発達障害者の場合は突発的な行動を取ることもあるだろうし、精神障害者の場合は急に精神的に不安定になることもあります。

その様な「障害者の異変」を見逃さないように見守ってくれる人がいるので、突発的な行動による事故や怪我や揉め事を事前に防止してくれるという安心感が特例子会社にはあるのです。

特例子会社には手話通訳士がいることも多いです。手話通訳士がいる会社であれば、聴覚障害を持っている人でも働きやすいですよね。

相談できる体制が整っている


特例子会社で働く社員は障害者に対する配慮ができる人を配置していることが多いのですが当然、全ての人が障害に対する理解を持っているわけではないです。

その為、障害者が特例子会社で働き始めると、障害者にしか分からない不満や不便なポイントが出てくる可能性もあるのです。

その様な場合に重要なのが、「相談できる相手がいること」です。

上司や同僚の中に相談できる人がいると一番良いのですが、全ての人がそうとは限りません。

その様な人をサポートするために、特例子会社では相談室が設けられているケースが多いです。

相談室には障害に対する理解がある人や障害に関する勉強を行っている人材を配置しているので、障害者でも気軽に相談できるというメリットがあります。

場合によっては「ジョブコーチ」と呼ばれる、障害者支援の専門家が常駐している会社もあるのです。

労働時間に対する柔軟な対応

一般的な企業の場合、障害者であっても労働時間に対する柔軟な対応は受けられない可能性もあります。私の場合は、この部分でかなり一般企業への就職に苦労してきました。

しかし、特例子会社の場合は従業員に障害者の人数が多いこともあって、労働時間に対する柔軟な考えを持って接してくれる傾向にあります。

ですので、正社員であっても短時間の勤務を認めてくれる会社が多いので、長時間の労働が難しい人でも働きやすいです。

特例子会社の場合は、在宅勤務を認めてくれるケースもあります。特に最近は、在宅勤務を認めるケースが増えてきていますよ。

その為、在宅勤務が可能な場合は、対人でのコミュニケーションが苦手な障害者でも比較的に働きやすいのではないかと思われます。

通院や服薬に対する理解がある

特例子会社は、通院や服薬に関する理解があることが多いです。

通院が必要な障害者は、病院に通うための休暇を取りやすいというメリットもあります。

障害の症状が出そうになっているときに病院に行きたい人もいますよね。

その様な場合でも特例子会社であれば、通院のための有給休暇を取ることは認められるというメリットがあります。

入社して最初の半年は有給がありませんが、その日の分の日当は出ないけれど休暇を取って通院させてくれる、といったように割と柔軟に対応して貰えます。

障害者でも役職を与えられることがある

特例子会社では、部長やリーダーといった役職を障害者に任せるパターンもあります。

役職を与えられると役職手当も支給されるので、他の社員よりも高い給料をもらえるようになります。

障害者であっても自分の頑張り次第で昇進できる可能性があるので、仕事に対するモチベーションがアップしやすいというメリットも得られるのです。

やはり障害者だからといって、誰でも出来る単調な作業だけやるのは苦痛な人も中にはいますしね。

責任のある立場に立たせてくれることで仕事のやる気が出ますし、そこに給料も付いてくるなら、障害者にとっては願ったり叶ったりですよね!

だいちゃん(∀)

特例子会社は障害者にとってのメリットが本当に多いんだ!

障害者が特例子会社へ就職する方法

特例子会社の求人を見つける方法を知ろう

特例子会社で働くことのメリットを知った人の中には、特例子会社の求人を探す方法が分からない人もいるのではないでしょうか?

ここでは、特例子会社の求人を見つける方法を紹介します!

ハローワークで求人を紹介してもらう

ハローワークには、障害者専用の窓口が用意されています。

その障害者専用の窓口で、特例子会社の求人を紹介してもらえることもあります。

ただ、基本的には特例子会社だけではなくて自分の希望する条件に合った求人を紹介してくれるという形ですので、特例子会社を希望の場合はその旨をちゃんと伝えたほうが紹介してもらいやすいと言えるでしょう。

特例子会社の求人自体が少ないので、なかなか出会えませんが。紹介してもらえたらラッキー、くらいの気持ちで聞いてみると良いでしょうね。

ハローワークは特例子会社だけでなく、一般企業の障害者枠での求人も紹介してくれるので、特例子会社に限定せずに就職先を探したい人に適しています。

就職情報サイトで求人を探す

障害者専用の就職情報サイトで求人を探すのも、良い方法です。

インターネットを利用できる環境があれば、無料で特例子会社の求人を探せるのが魅力的なポイントです。

就職情報サイトを利用すれば、自分の求めている条件に合った求人だけをピックアップできるというメリットもあるから、探しやすいんですよね。

人とのコミュニケーションが必要ないので、コミュニケーションを取るのが苦手な障害者でも求人を探しやすいから、割とオススメです。

就労移行支援事業所で求人を紹介してもらおう


就労移行支援事業所では、求職から就職までの過程をサポートしてもらえます。

ビジネスマナーの訓練やパソコンのトレーニングといった、職業訓練を受けられるのも魅力的なポイントです。

面接に関する対策も教えてもらえるから、就労移行支援事業所を卒業する2年後(もしくはその途中。)の就職活動の成功率は、事業所に通わない人よりも高くなるのではないでしょうか。

就労移行支援事業所は特例子会社との繋がりを持っていることもあるので、事前に障害者の情報を伝えてくれているパターンもあったりと、割とメリットが大きいです。

ただし、通うのにはお金が掛かります。

事前に情報を伝えてくれているパターンであれば、その特例子会社に就職できる可能性が高まるかもしれません。

転職サイトを利用するのも1つの方法

転職サイトと就職情報サイトの違いは、プロのサポートを得られるかどうかです。

就職情報サイトは自分で求人を探すことになるけれど、転職サイトでは転職のプロがその人にあった求人を見つけてきてくれます。

転職サイトでは非公開の求人を紹介してくれることもあるので、特例子会社の非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。

就職活動における問題点の指摘やアドバイスを受けられるのも、転職サイトを利用することのメリットですので、私の個人的な一番のおススメはこの方法です!

ここに、オススメの障害者専門の就職エージェントをいくつか紹介しておきます。

dodaチャレンジ
  • 非公開求人が80~90%
  • 大手企業~ニッチ優良企業まで幅広いラインナップ
  • 障害をオープンにしても高年収な案件が多い
大手企業や高年収を目指す障害者向けの就職・転職サイト
エラビバ
  • スマホ一つで完結!
  • 障害者の就職・転職業界大手!
  • 大企業の求人多数!
業界大手! 障害者の就職・転職を成功させたいならエラビバが最高!
アットジーピー(atGP)
  • キャリアアドバイザーによるアドバイスが無料
  • 豊富な求人情報を閲覧できる
  • 内定までだけでなく入社後のサポートも充実
10年以上にわたり、障がい者の就職・転職をサポート!キャリアアドバイザーによるアドバイスと豊富な求人情報で、転職サポート実績No.1!あなたの活躍できる職場を見つけるなら、【atGP(アットジーピー)】

最後に 特例子会社での就職は障害者が働きやすい環境

ガッツポーズをする会社員達

特例子会社は、障害者に対するサポートが充実しているのが魅力的なポイントです。

車椅子の必要な人に対するサポートで言えば、バリアフリーが徹底されていることやデスクスペースが広いことが挙げられます。

相談室には障害について詳しい人・専門家がいるので、障害者の悩みを聞いてもらえるのもポイント高いです。

労働時間に関する考え方も柔軟だから、特例子会社で働く場合は正社員であっても短時間の労働が認められることも結構あります。

この様な感じで、障害者が働きやすい環境を作ってくれているので、普通の一般企業で働くのは不安だという人は特例子会社を優先的に探しておくのが良いかもしれませんよ。

特例子会社には同じような障害を持っている人も多いから、居心地の良さを感じて長く働きやすいですしね。

だいちゃん(∀)

俺の友人にも特例子会社で働いている人はいるけれど、凄く働きやすそうにしているよ!

そんな感じで、今回は「特例子会社」について紹介でした~!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる