だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

障害者の就職に関する相談窓口についてお教えします!

だいちゃんと役所

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

障害者の就職と職場への定着はなかなか難しいので、行政機関や民間団体の支援が欠かせません。

障害者が就職に関する悩みを抱えている場合、どこに相談したら良いのでしょうか?

その様な疑問を持っていても、そもそも相談窓口のことを良く知りませんよね。

障害者の就職に関する相談に応じてくれる代表的な機関として、障害者就業・生活支援センターと地域障害者職業センターがありますが、今回この記事ではこの2つについて、内容や役割などについて紹介していきます!

目次

就職で悩む障害者の相談に乗る「障害者就業・生活支援センター」

障害者就業・生活支援センターの目的と役割

「障害者就業・生活支援センター」は、就職前の障害者がどんな準備をしたらよいか悩んでいる時や、職場に適応する方法・就職中の日常生活の過ごし方などについて相談したい時に、頼りになる窓口です。

就労の悩みを解決しながら、最終的に障害者が自立し、安定した生活を過ごせることを目的としている機関なのです。

ハローワークと異なり、就職先の企業を紹介したり、職業訓練を施したりすることはないのですが。

因みに、障害者就業・生活支援センターの主な役割は、

  • 生活支援
  • 就労相談

の2つです。

この二つについて今から説明します!

障害者が自己管理できることを目的とする「生活支援」

生活支援は、障害者の健康管理や生活資金のやりくりについて相談に乗る事業で、

  • 日常生活の管理
  • 衣食住を充実させるサポートシステムの紹介

の2種類があります。

自宅にひきこもりがちで就職先を探す機会を逃していたり、障害による悪い影響が大きくて服薬の管理や生活のリズムを整えることが苦手だったりする障害者は、スタッフの助言を得て日常生活のクオリティを改善出来るのです。

障害者就業・生活支援センターのスタッフは、相談者の生活を見守り、規則正しい生活が実現できるよう具体的な指示や提案をしてくれます。

時には、それぞれの障害者に適した障害福祉サービスや障害克服に役立つ医療機関を紹介してくれたりと、外部機関の支援を得ることも可能です。

また、障害者就業・生活支援センターは、障害者の衣・食・住を充実させる為に、障害年金の活用法なども紹介してくれているのです。

当たり前ですが、障害者だって生活が安定しないと、障害者は安心して就業出来ませんからね。

障害者を経済的にサポートする行政制度は色々とあるので、障害者に知られていないものなどをを紹介し、手続きの方法についてアドバイスしてくれているのです。

障害者の就職活動を支援を行う「就労相談」

障害者就業・生活支援センターは、就労したい障害者の就職活動の支援も行っています。

支援対象は、就職活動をしている障害者だけではなく、障害者を雇用する企業も含まれているのです。

障害者雇用に関して悩んでいるのは障害者当事者だけでなく、企業側もですから。

障害者とのコミュニケーションの取り方や、障害者に提供する業務内容について、悩みを持つ企業は実は少なくないのです。

障害者就業・生活支援センターはそんな障害者雇用の実績が少ない企業が、障害者を雇用するために準備することや、雇用後の扱いについても相談出来るのです。

一般枠のほか、障害者枠で採用した場合の注意点など、障害者就業・生活支援センターが企業に助言することは少なく無いのです。

障害者の就職に関する支援内容

障害者就業・生活支援センターは障害者が就職する前、面談で個々の障害者が抱える障害や特性を把握し、職探しをサポートしてくれています。

そして、一般就労前に受けられる就労移行支援等を紹介してくれ、職業訓練や実習に臨む機会を提供してくれています。

更に、障害者が就職する際の求人を探す手伝いも行い、障害者に適した仕事を見つけるためにも動いてくれるのです。物凄く親切ですね!

但し、先ほども書いたように障害者就業・生活支援センターはハローワークみたいな求人紹介をする機関じゃないので、求人自体を紹介してもらうことは出来ないから注意して下さいね。

そして、障害者就業・生活支援センターは就職後も、障害者が職場に馴染めるように雇用契約や環境整備に関する指導や助言も行ってくれています。

せっかく就職できても、長続きせずに離職してしまったら意味が無いですから。

就労後も職場に定着できるよう支援していくことは、非常に重要なことなのです。

ちなみに、障害者就業・生活支援センターが就労定着支援を行う民間の機関を紹介し、職場の人間関係や労働条件について悩みを相談する機会を提供することもあるのです。

障害者が就職後に職場に適応できず、リタイアしてしまった場合でも復職できるようサポートすることが、障害者就業・生活支援センターの大切な役割ですので。

障害者就業・生活支援センターは求人自体は紹介していない!

障害者就業・生活支援センターの利用方法


障害者就業・生活支援センターを利用できる障害者は、

  • 身体障害
  • 知的障害
  • 発達障害
  • 精神障害
  • 難病による障害

まで、あらゆる障害を抱える人が該当します。

障害者雇用促進法という法律に基づいて、障害者手帳を持っている人を支援対象とするとされてはいるのですが、

「自分は障害者です!」

と、療育手帳や障害者手帳といった障害者手帳を提示する必要はありません。

つまり、発達障害グレーゾーンみたいな方で、障害者手帳を取得出来ていない方やこれから取得する方も相談に乗ってくれる場合があるので、そこは障害者就業・生活支援センターに一度相談してみると良いでしょう。

障害者就業・生活支援センターの支援対象者

センター付近の住居を構える障害者のうち、就職を希望するか、既に勤務している人が支援対象となります。

障害の程度や障害者の都合によっては、障害者就業・生活支援センターに出向く必要もなく、スタッフが自宅訪問して相談に応じてくれるので、希望者は申請する際にその旨をスタッフに伝えることも大切です。

因みに、相談者が障害者就業・生活支援センターを利用するにあたり、利用料は無料です!

だいちゃん(∀)

障害者就業・生活支援センターは利用料が無料なのに、すごく様々なサポートを行ってくれるから、使わない手は無いね!

就職で悩む障害者の相談に乗る「地域障害者職業センター」

地域障害者職業センターとは?

地域障害者職業センターは、

  • 職業適性
  • 職場適応
  • 雇用管理

といった専門的知識が必要な相談に乗ったり、専門的な方法を駆使した職業リハビリテーションを施したりする独立行政法人です。

「職業リハビリテーション」というのは、障害者が職業面において自立できるように支援してくれることなのです。

各都道府県に1か所以上は設置されているから、障害者は自分が在住している都道府県にあるセンターを利用出来ます。

この機関も障害者雇用促進法に基づいて設置されたもので、

  • それぞれの障害者に最適な職業リハビリテーション
  • 障害者を雇用する企業の雇用管理に関する問題の分析と解決策のアドバイス
  • 地域の関連機関との連携

という3つが、主な目的なのです。

いずれにしても、専門性の高い支援を行う点が、他の支援機関と大きく異なるポイントになっています。

地域障害者職業センターに勤めるスタッフは、厚生労働省が指定する研修を受けて試験に合格した「障害者職業カウンセラー」をはじめ、「相談支援専門員「」や「ジョブコーチ(職場適応援助者)」といった専門職員ばかりだからとても心強ですよ!

地域障害者職業センターを利用できる人

まず、

  • 身体障害者手帳
  • 精神福祉保健手帳
  • 療育手帳

といった障害者手帳を持っている人のほか、

  • 難病認定者
  • 診断書により障害があると認められる人
  • 障害者手帳を申請している人

なども含まれています。

この様に、障害者就業・生活支援センターと同様、障害者手帳がなくても、障害について悩みを抱える人であれば、誰でも相談することが出来ます!

そして、障害者を雇用する企業が地域障害者職業センターを利用できる点も、障害者就業・生活支援センターと同じです。

更に、地域の障害者を支援する活動に関わっている医療従事者や教育関係者も利用対象者となってるのです!

手厚い! 手厚いよ~!

地域障害者職業センターの支援内容

障害者の適性や能力を分析し、個人の状況を正確に把握して最適な職業リハビリテーションの計画を立ててくれます。

その後、就職に関して障害者が抱えているであろう不安を解消しながら職業準備支援を行ってくれるのです。

「職業準備支援」というのは、就職した先の企業で長く働き続けることが出来るようにする支援のことです。就職しても定着しなかったら意味が無いですからね。

職業準備支援では、実際の就労状況に似た環境を設定し作業・仕事を行うトレーニングを施したり、就職に必要なコミュニケーションスキルを高める講習を実施したりしているので、参加者は受講後には受講前よりそういったことに自信をつけられるようになっています。

また、「ジョブコーチ」と呼ばれる職場適応援助者、つまり障害者が就職先の職場に適応できるように支援してくれる人を障害者の職場に派遣し、障害者と企業の両方に対してサポートをしてくれます。

一旦、職場から離れてしまった離職者や休職者に対しても、リワーク支援(再就職支援)として、「職業カウンセラー」や「ワークアシスタント」といった専門家が、障害者の悩みを聴きながら雇用主と連携し、復職支援を行ってくれているのです。

ちなみにだけど、地域障害者職業センターも利用料金は無料ですよ!(交通費とか食事代は自己負担ですが。当たり前か。)

だいちゃん(∀)

様々な障害者をサポートしてくれるし、専門家も間に入ってくれるからめちゃくちゃ心強いね!

最後に 障害者専用の窓口を利用して就職のことを相談しよう

障害者手帳が無くても、障害者の就職や就職後の職場環境や仕事の内容に関する悩みについて、相談に応じてくれる民間の窓口が沢山あります。

ただ、その存在を知らない人が多いですし、行政の周知も行き渡っていないないという現状があります。

ですので、障害者で企業への就職を考えている人は求人を探してくれるハローワークだけでなく、自宅近くの「障害者就業・生活支援センター」や「地域障害者職業センター」を訪ねてみると良いでしょう。

その人の障害特性を踏まえて、障害者個人の適性に合わせた職種を提案してくれるほか、職業訓練を実施してくれる施設もあるから、行ってみて損はありません。

また、「就労移行支援施設」や「就労定着支援施設」といった支援施設を紹介してもらうことも出来て、そういった施設で訓練をしっかりと受けて職場で即戦力として働けるスキルを習得することも可能となっています。

相談相手がいるというだけでも心の負担が軽くなるから、少しでも困ったことがあったら、このような機関に迷わず相談しましょうね!

だいちゃん(∀)

こういったセンターの存在を知らなかった人も多いんじゃないかな? 無料でここまでやってくれるんだから、使わないと損損! どんどん活用しようね!

という訳で、今回は「障害者就業・生活支援センター」と「地域障害者職業センター」のご紹介でした!

じゃあね!!

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

評判の良い!障害者専用の就職・転職サービス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる