だいちゃん(∀)の詳細プロフィール

障害者雇用枠で働くメリット・デメリット

スポンサードリンク

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です。

障害者雇用枠で働きたいという障害者は多いのではないでしょうか? 特に、この記事を読んでいるということは障害者雇用枠での就職を望んでいるということですよね。

そこで今回は障害者雇用枠で働くメリットとデメリットを紹介したいと思います。

人事の専門家でも無い私ですが、企業運営のWEBサイトなどから情報収集をしたり、また自身の障害者雇用枠での就労体験談などから障害者雇用枠で働くメリット・デメリットについて書いていきますので、良かったら最後までご覧くださいませ。

目次

障害者雇用枠で働くメリット

障害者自身の収入アップに繋がる

障害者の場合、障害年金のみで生活をしていたり、A型事業所やB型事業所といった低賃金かつ短時間労働での就労をしている方が多いです。

就労時間に関しては短時間労働でも構わないという方もいるかもしれませんが、賃金に関してはなるべく多く貰いたいと思うのが人間ですよね。

障害年金だけでは、どうしても普通のサラリーマン未満の収入しか得ることが出来ないので、少しでも多くお金を稼ぎたいと思っている障害者は多いのではないでしょうか。

例えば障害者事業所で就労していたとしても、A型事業所などはまだ最低賃金は貰えるのですが、B型事業所に関しては月に5000円とかそのくらいの超超が付くほどの低賃金で働かされているのが現状です。

しかし、障害者雇用枠で働くことが出来れば、最低賃金以上を貰うことが出来て、労働時間も希望によって長くすることが可能となります。

それに、社会保険などの福利厚生に関しても無職や事業所勤めよりも障害者雇用枠での就労のほうがしっかりしています。特に厚生年金に関しては、今後貰える年金額がアップしたりするので、支払っておいたほうが良いでしょう。

その為には、障害者雇用枠での就労が必要不可欠になります。

障害者でも立派な社会の一員になれる

障害があって働けない人が社会の一員じゃないかと言われれば、そういう訳ではないのですが、やっぱり障害者だってプライドがあります。しっかりと働いて税金を収めて、自分も社会の役に立っているだ! という気持ちになりたいものです。

障害者雇用枠での就職が出来ればその分、社会人としての、社会の一員としての責任は強くなりますが、障害者雇用枠で働くことで、生きがいややりがいを感じることが出来るようになります。

よく、健常者の方の中には、

「障害者は障害年金を貰えて、働かなくてもある程度はお金が入るから良いよね~」

といったことを言われることがあるのですが、それは違います。

障害者は障害年金なんて貰えなくても健康な身体でいたい、と思っている方が多いです。

やっぱり、税金で助けてもらってばかりではどうしても自分が社会のお荷物になっているという後ろめたさを感じるからです。

その点、障害者雇用枠で就職をすることが出来れば、立派に社会の一員としての役割を果たせているという自信に繋がります。

障害者自身の生活の質が上がる

規則正しい時間に起きて働く。こういった生活リズムをしっかりと作ることが出来ます。

人間、規則正しい生活を送らないと、どうしても精神的に病んでしまったりと、あまり良い状況を生み出さないですからね。

それに、会社内では嫌な人間関係もあるかもしれませんが、良い人間関係を築き上げることも可能です。

人間、一人では生きていけません。人は人と話すことによって精神的にも良い影響を及ぼすものです。

会社内で良い人間関係を築き上げることが出来れば、そういった人達とかかわり合いを持つことが出来るようになれば、

  • 生活リズムを整える
  • 収入アップ

と併せて、障害者自身の生活の質を向上させることが可能になります。

障害者は独身者や恋愛すらも出来ない方が多いという現実がありますが、障害者雇用で働くことが出来れば、恋愛や結婚だって出来る可能性がアップします。

会社内での出会いもありますし、障害があってもしっかりと仕事をしていることによって、恋愛対象として見てもらえるようになるからです。

金銭面や精神面において、障害者雇用枠で働くことは障害者自身の生活の質をアップさせることになるでしょう。

障害者雇用枠で働くデメリット

障害者自身に向いている仕事が無い可能性がある

パソコンスキルなどがあれば比較的、障害者でも適所な仕事があるのですが、どうしてもパソコンスキルのある、身につけることの出来る障害者ばかりではありません。

また、パソコンスキルがあるからといって、その会社内でのパソコンを使った仕事、例えば事務や経理などが向いているとは限りません。

無理に自分を偽って、収入の為に自分に向いてない仕事に就いた場合、どうしてもその就職先の仕事が長続きしません。

そういった理由があるからなのか、障害者雇用枠での就職も、就職後の定着率が悪いという現実があります。

収入も確かに大切なのですが、やはり「その仕事が自分に向いているかどうか」という部分も重視して就職先を探した方が良いでしょうね。

障害者を雇用する環境が整っていない会社である可能性がある

これまでに障害者を雇用したことが無いけれど、障害者法定雇用率のアップや法改正などによって障害者を雇用し始めないとマズイなという風に考えて障害者を雇用しだす会社が今増えています。

しかしながら当然ですが、今まで障害者を雇用してこなかったのですから、障害者を雇用するノウハウが無い場合も結構多いです。

また、身体障害者などに関しては安全面なども企業側は気を付けなければなりませんが、安全面の配慮なども出来ていない会社もあります。安全面に関しては命が関係していることですので、しっかりと配慮の出来ている会社に就職したいものですよね。

他にも、障害者自身の能力を把握出来ていない状況で採用をしてしまい、適所に配置出来ないといったケースも見られます。

自分の向いていない部署や仕事に配置されてしまった場合は本当に悲惨なことになるのは目に見えて明らかですよね。

もし自分の障害者雇用枠での就職先がこのような状況だった場合が最悪です。せっかく念願の障害者雇用枠での就職が叶ったのに、とても障害者が働ける状況ではない。

そういった理由からせっかく障害者雇用枠で就職出来たとしても、離職してしまうケースも多いです。

従業員から自身の障害に対する理解を得られない場合がある

どうしても人間というものは自分の経験したことの無いことや知識の無いことを理解するのが難しいです。

採用担当の方は採用する際に障害者のことをかなり調べるので、採用する障害者に関する知識があることが多いとは思いますが、一緒に働くのは採用担当ではなく、同じ部署の従業員です。

例え、企業の採用担当が障害に関する知識を持っていたとしても、理解を示すことが出来ていたとしても、他の従業員も同じように働く障害者に対して理解を示してくれたり、配慮してくれるとは限りません。

自分の上司に当たる方は障害に対して知識があったり理解を示してくれることは当然だという前提でお話しますが(上司が理解を示さないような会社なら就職しないほうが良いので。)、末端の従業員にも知識や理解を共有することはなかなか難しいと思います。

こういったことは、障害者雇用枠での採用をする企業側の課題ですが、こういった課題を抱えている企業が多いということは頭に入れておいたほうが良いでしょうね。

まとめ 障害者雇用枠での就職は慎重に

障害者雇用枠での就職に関して、公平性を大切にする為に今回はメリットとデメリットを書かせて頂きました。

個人的には障害者雇用枠で障害者が就職出来たら良いなと思っているので(勿論、自営業でも仕事をしていたら問題無いと思います。)、なるべくデメリットに関しては書きたくなかったのですが、しっかりとメリットだけではなくデメリットも頭に入れて就職活動をして欲しいなという思いからこのような記事を書かせて頂きました。

今回のこの記事は、私自身が障害者雇用枠での就職をした経験や、企業の運営する障害者雇用に関するメディアなどを記事を書く際に参考にさせて頂きました。

障害者雇用枠での就職といっても、ただ単に障害者を雇用するだけという訳にも企業はいかないので、障害者側も慎重になりましょうね。

でも、あまりデメリットにばかり目をやっていたら就職出来ないので、なるべくメリットの部分を大切にしてほしいなとは思いますが。

障害者雇用枠での就職活動をする際の参考にしていただけたら幸いです。

ではでは。

■参考

障害者雇用のメリット~デメリットや課題への解決策とは~ーChallenge LAB

(執筆/だいちゃん(∀))

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

スポンサードリンク
目次
閉じる