だいちゃん(∀)詳細プロフィール

「障害者が明るい性格だと幸せな気持ちになる」というのが気持ち悪い

スポンサードリンク




だいちゃん(∀)

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です。

俺のブログが暗いという事を言ってくる連中がいるのですが、そもそも障害者に明るさを求めること自体がナンセンスだ。

確かに障害者でも性格の明るい方はいますし、私も別に暗い性格をしているわけではありませんが、暗い記事を書く位ですから根だよ。

何で障害者は明るい性格じゃないといけないと考えるの?

障害者が明るい性格じゃないといけない、とか、障害者でも明るい性格だと自分も幸せな気持ちになるという奴らが心底気持ち悪い。

別に明るい性格の人だったら障害者じゃなくても周りの人を幸せな気持ちにしていると思うのに、何故か「障害者」が明るい性格だと幸せな気持ちになる、という事を思うのかさっぱり理解出来ない。

そういう「障害者でも明るい性格でいなさい」という重圧が障害者を殺してきたんだよ。

そもそも、障害を抱えていたらどうしても世間から差別を受け、偏見の目で見られ、ということがどうしても起きてしまい、本当なら明るい性格でいたいと本人も思っているけれど、「世間の連中」が障害者を暗い性格にしてしまっているという事実がある。

な・の・に、障害者が頑張っている姿を見ると勇気が出るだとか、障害者が明るく前向きな性格だと自分も幸せな気持ちになる、といったことを世の中の連中が思っているから、マスメディアなどがこぞって障害者をテレビ出演させてお涙頂戴の番組を作り、視聴率稼ぎをしている。

その典型的な例が24時間テレビな訳だけど、別に愛で地球は救えない。なんなら愛より金のほうが地球を救う。

そんな24時間テレビの障害者特集もだいぶ世の中では若干ではあるけれど違和感を覚える方々が少しづつ出てきて、24時間テレビにも批判的な意見が出てきたように思う。

そして、24時間テレビのアンチのような存在としてNHKの「バリバラ」という番組が障害者の「障害」の部分を笑いに変えるというなかなかに斬新な番組を作って、意外と障害者に人気があったりする。

でもね、俺からしたらどちらも気持ち悪い番組だ。

24時間テレビに関してはここでは割愛させていただくけれど、バリバラは24時間テレビでやらなさそうなことの特集を障害者を使ってやったら視聴率が取れる、ということを計算して番組制作を行っている様に思う。

最近、バリバラではありませんが私のところにNHKのバラエティ番組のディレクターから番組出演(仮)のオファーが来たのですが、番組出演条件として「障害者ならではの笑えるエピソード」を求めてきたことがあった。

俺にはそんな笑えるようなエピソードなんか無い。

一応、私の障害者ならではの恋愛エピソードや、長谷川豊氏に巻き込まれた炎上騒動についてなど話をさせてもらったんだけど、

「番組の趣旨に合わない」

と、私が思っていた通りのテンプレ回答が来て、そりゃあもう俺はその時「NHKをぶっ壊す!!」って考えたね。あんなに嫌いだった立花孝志の気持ちが割と理解出来たね。

あー地球滅亡しねえかなー。

と、話は若干それてしまったけれど、そのくらい世間では障害者に笑いや明るさを求めているんだよ。

ふざけんな。マジふざけんな。

俺だって好きで暗いことを書くようになった訳じゃないし、根暗な性格になった訳じゃない。

元々明るくて天真爛漫で、テンションも高くて若干うざい位の性格の持ち主だった俺が、最近では「おとなし目な性格」だと言われるようになったのは、障害を抱えての生活が苦しくていっぱいいっぱいで、それでもしっかりと生きてきているから以外の何物でも無い。

そりゃあ、週に3日1日5時間も人工透析という延命治療を受け、様々な病院にかかり、恋愛しては上手く行かず失恋ばかりして、就職活動では相手にもされないようなことを経験してきたら、そりゃあ性格も暗い方向に向かうわなあ。

マジで日本死ね。

そんな障害者に「明るさ」を求めるとか、そんな考えあると? 絶対おかしいやろそれ。

そういった連中が気持ち悪くて仕方ないから今日も今日とてこんなクソみたいな文章を生産している訳だよ。花澤香菜の「恋愛サーキュレーション」を聞きながらね。

神様ありがとう。運命の悪戯でもこんな文章を書く人間と巡り会えたことが幸せなの、と思ってくれたらいいよもう。別に思わなくてもいいけど。

障害者でも明るい性格の人はいる。確かにいる。でもそういった性格を全ての障害者に求めるな!!

別に障害者が、俺の性格が暗かろうと明るかろうと自身の勝手だから。お前らの考えているような腐った理想論、綺麗事を押し付けるのは辞めろ!!

障害者に対して明るい性格を求めるような連中に対しては、NHKをぶっ壊す前にお前の顔面をぶっ壊してやろうか? って俺は考えるね。確実に。

そりゃあ、暁美ほむらも悪魔になるよこんな世の中じゃ。

あー俺は生まれてくる次元を間違えたわー。3次元じゃなくて2次元に生まれてくるべきだったわー。

まとめ 障害者に明るい性格を求める奴らは気持ち悪い消えろ

別に障害者が暗い性格をしていたっていいだろって話。別にお前らに迷惑かけてんの? かけてねえだろ。

こういうこと書くと「障害者という存在が迷惑」という話からかけ離れたクソリプが飛んでくることがあるけれど、そういう話じゃねえから。

明るい性格の人間を求めているんだったらお笑い芸人でも見てろって話。少なくとも障害者にそういったことを求めるなって事。

俺に関しては、どんなに「暗い」と言われようと「暗い記事を書くな!!」と批判されようと、俺の居場所である俺のブログでは好きなことを好き勝手に好きなように書いていくから。それを批判される覚えはないし、俺に明るい話題なんかを求めないでくれ。

んじゃな。

(執筆/だいちゃん(∀))

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

The following two tabs change content below.
アバター

だいちゃん(∀)

ブロガー、新米YouTuberをやっています。
1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。
障害者関連の記事を執筆するのが得意。
暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。
>>詳しいプロフィール

スポンサードリンク




だいちゃん(∀)のLINE公式アカウントはこちら!

だいちゃん(∀)のnoteはこちら!

note

だいちゃん(∀)の書いたノンフィクション自伝小説の電子書籍を、アマゾンで販売しています!

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

You Tube動画もアップしています! チャンネル登録宜しくお願いします!

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください