スポンサードリンク




障害者

健常者が障害者を差別するのではなく相手に関心の無い人が差別する

投稿日:

看護師と老人

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です! かなりお久しぶりの投稿となります。

今、色々なことがあって障害を持った方々と関わる機会が多いのですが、一括に「障害者」とカテゴリー分けすることは出来ないし、するのはちょっと違うかなぁと感じている次第です。

理由は、精神、発達、身体、障害の種類によって接し方は多岐に渡るからです。

障害者同士でも分かり合えないことも多い

例えばですが、ツイッター上などでは発達障害を抱えた方々の争い事をよく見かけます。

私も癖で使ってしまうので気を付けてはいるのですが、障害者はどうしても「健常者」「障害者」とカテゴリー分けをしがちです。そして、健常者は障害者のことを理解してくれない、差別をする、と愚痴を言うことが多いように感じます。

確かに、間違ってはいません。

私自身、いわゆる健常者と言われる方々に差別され偏見の目で見られて生きてきました。「障害者である」とカミングアウトした瞬間、面倒なことに巻き込まれると思うのか、私は仲が良いと思ってた人達に距離を置かれたこともあります。

そういった経験、トラウマを抱えるとそういった愚痴を言いたくなるのも分かります。

ただ、健常者だけが障害者を理解してくれない、差別をし、偏見の目で見るのかと言われれば、そんなことは無いんですよね。障害者が障害者を差別する、偏見の目で見る、自分と同じ障害を抱えていても、違う障害であっても理解出来ない。

時には差別発言をしてしまう、なんていうことがよくあります。

例えばの話ですが、精神障害者でとても繊細な方と発達障害でとても鈍感な方がいたとします。

発達障害の特性として、

  • 空気が読めない
  • 人の気持ちを汲むことが出来ない

といった障害の特性があります。

そのような「超敏感な精神障害者」に対して「超鈍感な発達障害者」が関わる際、発達障害者の方が(本人は冗談のつもりで)相手をバカにするような発言をしたとします。

すると、精神障害を抱えている方は激怒します。

というよりも、実際にそういった現場に私は今まで生きてきた中で何度も遭遇しています……。

そして、激怒した精神障害者の方は発達障害者の方に対してバカにされた仕返しとして、罵詈雑言を浴びせるのです。

これって、最初にバカにするような発言をしてしまった発達障害者側が揉め事を起こす原因を作っているのは間違い無いのですが、罵詈雑言を浴びせた時点で、目には目を、歯に歯を、という表現は少し適切では無いかもしれませんが、「お互い様」なんですよね。

どちらも、障害が原因で相手のことを攻撃してしまっている。

でも、例え障害が原因であっても相手を馬鹿にしたり罵詈雑言を浴びせることは悪いことです。

だから、どちらも悪くないし、どちらも悪い。

このように、「障害者」という部分においては同じであっても、障害の内容が違えばやはり理解など出来ません。

それは同じ障害を抱えていてもそうです。

私の場合は「慢性腎不全」という障害を抱えており、人工透析という延命治療を行っていますが、人工透析患者も千差万別です。

糖尿病により失明している、足が無い、車椅子、私のように体力が無いだけで健常者と見た目はほぼ変わらない、といったように様々な違いがあります。

それを一括に「人工透析患者はこうだ!」と決めつけることは出来ません。

今から話すことは、医師や看護師が実際に言っている現場を見たことがあるのですが、

 

「あの人は人工透析をしながらでもしっかりと働いているのに、あなたは何で生活保護を受けているんですか? あの人が働くことが出来ているのだから、働けるでしょう?」

このようなことを医療関係の現場の人間が患者に対して言っていたことが本当にあります。

 

少し障害者としての自分の過去の話をします

私も若い頃、障害者になりたての頃は上記のような言葉にとても苦しめられていました。

私は生活保護を受けたことは生まれて一度も無いのですが、イジメが原因で高校中退・手違いにより高校留年、そして家庭が貧乏な為、勉強は出来るけれど大学や専門学校に行くお金は無いから学歴は高卒。

20歳で障害者になっています。

今まで働いていたのはガソリンスタンドでの車の整備の仕事。力仕事です。学歴も必要ないどころか、元ヤンなどが多い体育会系の職場です。

そんな障害者が生きていく上で必要な手に職を付けているわけではない(当時はパソコンを使うことが出来ませんでした。)、学歴も無い状態で身体障害者1級の人間が仕事を見つけることは大変困難なことです。

しかし、もう既に企業勤めをしている状態で障害者になった場合、企業側は簡単にはクビに出来ないですし、今まで培ってきた技能やノウハウが活かせる職場であれば、仕事のある状態で障害者になることが出来ます。

この両者を一緒にしてはいけません。というよりも、一緒にされて甚だ迷惑でしかありませんでした。

「お前等に俺の何が分かるんだよ。だったらお前等も今すぐに腎臓取り出してみろよ」

という気持ちになったのを今でも覚えています。

障害者と健常者は理解し合えないし、障害者同士でも理解し合えない

さて話を戻しますが、マスメディアの報道などでは健常者側に対して障害者に対して理解を! と呼びかけていることが多いのですが、実は障害者同士でも理解し合えないことが多い。何故なら、その人の置かれている状況は一人ひとり違うし、その人自身にしか分からないからです。

実際、先程も書きましたがネット上の発達障害界隈はとても発達障害者同士の揉め事が多いですし、他にもネット上を見渡せば健常者による障害者差別発言をしている方々が多くいます。

著名人などでも障害者差別発言を絶対に辞めない方々も多いです。

元フリーアナウンサーで政治家を目指すも出馬すら出来なかった「長谷川豊」なんてその最たる代表のような人間です。目障りだから消えてくれねえかな、あいつ。

ただ、私自身も精神障害の重い方を理解しようと努力はしているけれど、やはり理解できない部分は多いです。傷つける意図は無いのですがハッキリと申し上げておくと、精神障害者や発達障害者に対して「面倒くさい」と思うこともあるのは事実です。

  • 相手は障害が原因でこういうことになっている

という風に理解しようとしている自分と、

  • どう接していいか分からない。面倒くせえイライラする

と思う自分がいて、葛藤することがよくあります。

それでも、自分自身が自分の障害のことを少しでも理解して欲しいと発言しているのだから、相手もこともなるべく理解しようとするべきなのではないかと思っています。

だから私は、八方美人と言われるかもしれませんが、どんな障害を抱えている人とも、なるべくコミュニケーションを取るようにしていますし、理解しようと務めています。(でも、どうしてもコイツ無理!! っていう人間はいるけれどね……。)

健常者が障害者を差別するのではなく相手に関心の無い人が差別する まとめ

私は「障害者」「健常者」と分けて、まるで対立構造かのように話すのは本当は大嫌いです。でも、内容を分かりやすく説明する為に敢えてこのような言葉を使わせていただいています。

本当は健常者が障害者を差別しているのではなく、誰もが他人を理解出来ないから差別や偏見が起こっているだけです。

確かに、自分が経験したことがあるかどうか、という部分は大きいですが、障害者ですら自分の抱えている障害以外の障害を経験することは無いですし、経験していても争い事が起こっているという現実があります。

だから言えることは、

  • もっと他人に関心を持とう
  • 自分の知っている世界だけが全てだと思うな

といったところですかね。

ブログの感想などは、ツイッターなどで頂けると幸いです。

それではまた!

だいちゃん(∀)

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

スポンサードリンク




 

質問などLINE@で受け付けています! 良かったら友達登録してね!(∀)

※登録前に読んでおくと、だいちゃん(∀)LINE@の特典などが分かります!→だいちゃん(∀)LINE@始めました!ーだいちゃん.com

友達追加

だいちゃん.comのフェイスブックページです。良かったら、イイネ! してね!

だいちゃん(∀)You Tube動画

YouTubeチャンネル登録も宜しくお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

趣味でブログ書いています。 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 障害者関連の記事を執筆するのが得意。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 インターネット上の嫌われ者www

-障害者
-

Copyright© だいちゃん.com , 2019 All Rights Reserved.