スポンサードリンク




雑記

脱社畜サロンが教えてくれない、フリーランスの税金の種類・控除

投稿日:

税金

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

フリーランスになる方法を教える、と謳っているにも関わらずフリーランスの税金について全く触れていない「脱社畜サロン」。

脱社畜サロンのサロン生があまりにも可愛そうなので、元フリーランスの人間の私がフリーランスの税金について書いていきます。

脱社畜サロンが教えてくれない、フリーランスの税金の種類・控除

フリーランスが支払わなければならない税金は収入によって変わってくるのですが一応、

  • 所得税
  • 住民税
  • 国民保険税(料)
  • 国民年金保険料
  • 個人事業税
  • 消費税

が主な税金です。

所得税

所得税は年間所得が38万円を超えると、納税する義務が発生します。

「収入」と「所得」は異なります。

「収入」は例えば年間500万円の収入があればその全額が収入になります。

一方で、「所得」は「収入」から必要経費を差し引いたもののことを指します。(例 収入500万円、経費100万円の場合、500-100=400万円が所得になります。)

「経費」はその仕事に必要なものに支払いをした時にかかった費用のことです。(例えば私はフリーライター・プロブロガーだったので書籍・ネット料金などが経費になっていました。)

ポイント

  • 収入 稼いだ金額全額
  • 所得 収入から経費を引いたもの
  • 経費 その仕事に必要なものを

ちなみに、所得税が一番大きく税金としてかかってきます。

ですので、こまかい領収書(レシート等)などは経費に出来るかどうか分からなくても絶対にとっておくようにすることが、節税のコツです。

経費になるかどうかは確定申告の際に税務署職員さんが判断してくれるので、取り敢えず経費になりそうなものは全部取っておくようにしましょう。

住民税

住民税は確定申告後に確定申告書を元に決定されます。

ですので、住民税に関しては確定申告は必要ありません。

住民税は所得金額によっては全額免除される場合があります。

その基準は市町村区によって異なりますので、気になる方は窓口で相談すると良いでしょう。

国民保険税(料)

会社員の時は社会保険として会社側が自動引落で病院にかかる際に必要な保険証を得る為の保険料を支払ってくれていましたが、会社員をやめてフリーランスになる場合、国民健康保険に新しく加入して自分で保険料を支払う必要があります。

社会保険料は会社員の場合、半額は会社が負担してくれています。しかし、フリーランスになると全額自分で支払わなければなりません。

ぶっちゃけ、この保険料がめちゃくちゃ高額で、フリーランスの多くはこの国民保険税(料)に苦しめられています(笑)

国民保険税(料)は確定申告の際に控除対象になっているので、支払った記録は絶対にとっておくようにしましょう。

「控除」って何?

控除とは、ある一定の条件を満たしていれば、所得額からある一定の金額を減額してもらえる制度です。

(例 障害者控除 基礎控除 青色申告特別控除 など)

控除には種類が沢山あるのですが、

  • 基礎控除
  • 青色申告特別控除
  • 医療費控除
  • 雑損控除
  • 社会保険料控除・小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 寄附金控除
  • 障害者控除
  • 寡婦(夫)控除
  • 勤労学生控除
  • 配偶者控除・配偶者特別控除
  • 扶養控除

などがあります。

節税対策として、控除を利用しないのは損すぎるので絶対に使える控除は全て利用しましょう。

ちょっと種類が多すぎて混乱しますよね。

例えば私の場合ですと、

  • 基礎控除
  • 青色申告特別控除
  • 生命保険料控除
  • 障害者控除

の4つしか利用していないです。

というよりも私が使える控除はその4つしか無いのです。

上記に書いた控除種類を全部使える方は少ないです。というよりもほぼいないのでは? ですので、自分の使える控除を調べて使うようにしましょう。

ちなみに国民保険料の支払い金額は「収入」によって決まります。

私が一度失敗した例として、フリーランス1年目の時に控除を差し引いたら所得が0円以下になったので経費計上を面倒だからとしなかったら(収入は多かったので)物凄い金額の国民保険料を支払うことになりました……。

今となっては「勉強になった」と割り切っていますが、いや~痛かったな~。1年間近く高額な保険料を支払うことになってしまったので……。

国民年金保険料

会社員の時には厚生年金という形で年金に加入させてもらえます。厚生年金料も一部、会社が負担してくれています。

しかしフリーランスになると国民年金に加入し直して自分で全額支払わなければなりません。

支払いは毎月の支払いになります。

年金破綻論など最近では騒がれていますが、国民年金保険料を支払っておかないと、例えば障害者になってしまったりした時に障害年金の受給資格を得ることが出来ません。

高齢者になった際に受け取れる年金額も当然、すくなくなります。

そして、年金システムはそんなに簡単に破綻するほど単純な仕組みになっていません、と経済学者の細野真宏さんも著書でおっしゃっています。


「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)

ですので、国民年金保険料はしっかりと支払うようにしましょう。

ちなみに国民年金保険料も確定申告の際、控除の対象になります。

個人事業税

個人事業税は、事業をしていることに対して都道府県に支払う税金です。

所得が290万円を超えると、超えた部分に対して、その事業の種類によって3~5%の税金がかかります。

税率は、職種によって異なります。

自分の業種の個人事業税が何%かかるのか知りたい場合は、こちらのサイトから調べることが可能ですので、気になる方は調べてみて下さい。

東京都主税局<税目別メニュー><個人事業税>

消費税

消費税の納税義務は、原則として2年前の年間の課税売上高が1,000万円を超える場合に発生します。

フリーランスでここまで売上が上がっているのであれば法人にしたほうが節税出来ると思うので、フリーランスにはあまり必要が無い情報な気はしますが一応、書いておきました。

フリーランスの確定申告は青色申告がいい?白色申告でもいい?

フリーランスとしてのが多い場合には確実に青色申告の方が良いです。何故なら、白色申告に比べて控除額が大きいからです。

ですが、フリーランスになりたての頃というのは青色申告にしなければならないほどの収入を得ることが出来ていない可能性が高いと思います。

青色申告は複雑で面倒ですので、フリーランスとしての収入がそこまで多くない場合には白色申告でも良いと思います。

ただし、後々のことを考えて敢えてフリーランスとしての収入が少なくても青色申告を行って節税の知識を付けておくというのも有りですよ。

確定申告の手順

詳しく書くと分かり辛くなるので結構省略しますが、基本的に、

  • 確定申告会場に収入と経費の分かるものを持っていって書類に記載して提出(隣にアドバイザーがついて分からないことは何でも質問出来ます。)
  • 書類に問題がなければ、会場でe-taxを使って書類に書いたデータを入力

で基本的に完了です。

確定申告時期は人がめちゃくちゃ並ぶので時間はかかりますが、手続き自体はそこまで難しいものではありません。

「確定申告めちゃくちゃ面倒……。」

と現役フリーランスの方はよくおっしゃいますが、それは経費計上する為の領収書の振り分けが面倒なのです。

月ごとに領収書を分けなければなりませんしね。

確定申告は自宅からインターネットでe-taxというシステムを使って行うことも出来ます。でも、結構使い勝手が悪いので私は会場まで出向いています。

確定申告会場は、地域によるのかもしれませんが、私の地域の場合は税務署では行われていません。税務署はあくまで相談窓口です。

確定申告会場は別の場所に用意していることのほうが多いので気を付けて下さい。

脱社畜サロンが教えてくれない、フリーランスの税金の種類・控除 まとめ

私は税理士や公認会計士ではないのですが一応、日商簿記2級の資格を持ったつい最近までフリーランサーでしたので(今回までは確定申告が必要)税金についてはそこそこ詳しい自信があります。

しかし、あまり詳しく書きすぎてしまうと読者さんが混乱してしまうと思うので、敢えて最低限必要な知識に絞って確定申告について、税金についてのことを書かせていただきました。

フリーランスを目指すのであれば、ただお金を稼ぐことだけを考えるのではなく、税金についても、確定申告などについても知って置かなければなりません。

会社員の場合、こういったことは全て会社が行ってくれているので楽なのですが、フリーランスの場合全て自分で行わなければなりません。

脱社畜サロンのような、フリーランスを目指す系のオンラインサロンではほとんどのところが教えてくれていないのではないでしょうか。

フリーランスになりたいのであれば、有料サロンなどに頼らず、自分の頭で考えて行動することが大切ですよ。

それでは今日はこの辺で。

BYEBYE!!

だいちゃん(∀)

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

スポンサードリンク




 

質問などLINE@で受け付けています! 良かったら友達登録してね!(∀)

※登録前に読んでおくと、だいちゃん(∀)LINE@の特典などが分かります!→だいちゃん(∀)LINE@始めました!ーだいちゃん.com

友達追加

だいちゃん.comのフェイスブックページです。良かったら、イイネ! してね!

だいちゃん(∀)You Tube動画

YouTubeチャンネル登録も宜しくお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

趣味でブログ書いています。 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 障害者関連の記事を執筆するのが得意。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 インターネット上の嫌われ者www

-雑記
-

Copyright© だいちゃん.com , 2019 All Rights Reserved.