歳を取って腎臓移植をした場合の弊害について考えてみた

スポンサードリンク







人工透析

 

※文章を読みたくない人は、動画もこの記事の終わりにあるよ!

どうも、ブロガー&YouTuberのだいちゃん(∀)です!

このブログでは散々書いてきているので、読者さんは分かっているとは思うのですが、私は腎臓が死んでしまって人工透析を行っている1級身体障害者です。

寿命はだいたい何事もなければ人工透析を始めてから30年~長くても40年ほどだと言われています。

私はもう14年も人工透析を行っているので大分、身体にガタが来ています。

しかし、そんな人工透析患者に一筋の光が見えるニュースを、読者さんが私のLINE@からお知らせしてくれました。

慢性腎不全の患者のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って、体内で腎臓を再生し、機能を回復させる世界初の臨床研究を、東京慈恵会医大などのチームが年内にも始める。慢性腎不全は、数カ月から数十年かけて腎機能が徐々に低下し、やがて人工透析に至る病気で、世界的に患者が増えている。チームは海外での臨床研究を目指す。

出典 https://mainichi.jp/articles/20180105/ddm/001/040/147000c

とても希望の持てる情報なのですが、少し懸念もあるので思ったことを記事に書いていきます。

歳を取って腎臓移植をした場合の弊害

あくまで噂なのですが、聞いた話によると今後5年くらいを目安にiPS細胞から作られた腎臓が実用化されるのではないかと言われています。

それはとても良いことです。一般的な、遺体や家族から腎臓を移植してもらった場合にはいつからその腎臓もダメになってしまうのですが、自分のiPS細胞から作られた腎臓なら、免疫抑制剤を飲む必要も無いですし、その腎臓がダメになってしまうリスクも一般的な腎臓移植よりもはるかに少ないです。

いまから書くことは、iPS細胞から作られた腎臓を移植するということに限らず、腎移植をした場合、障害年金がいつまでも貰えるわけではありません。

腎臓移植をして最初の1年は今までの障害年金の等級(人工透析患者の多くは障害年金2級)として障害年金を貰えるのですが、それ以降は病気の症状によって年金を打ち切られたりします。

Q.腎臓の障害で腎移植をしました。

移植後10年以上障害年金を継続して受けていましたが、

今年支給停止となりました。

ソーシャルワーカーの方に聞くと、移植後数値が安定すると年金は支給が止まると言われました。

今はどうにかパートをしていますが、

うつ病も患っており、仕事を続けるのも難しい状態です。

年金が支給停止になり、これでは病院にいくこともできません。

何とか支給再開してもらう方法はないでしょうか。

A.腎臓移植を受けた方の障害認定については、

術後の症状、治療経過、検査成績及び予後等を十分に考慮して総合的に認定されます。

また、既に障害年金を受給されている方が腎臓移植を受けた場合は、

臓器が生着し、安定的に機能するまでの間を考慮して術後1年間は従前の等級とされます。

ソーシャルワーカーの方が移植後数値が安定すると年金の支給が止まると言われたのは、

「安定的に機能するまでの間を考慮して術後1年間は従前の等級」というところから言われたものと思われます。

出典 https://goo.gl/tGsUTA

私は20歳で人工透析導入になっているので、かなり人工透析患者の中では年齢が若い方です。それでも、恐らくいiPS細胞が実用化されて腎臓移植が出来るようになったとしても、40歳近くにはなっています。

私も含め、多くの人工透析患者は障害年金を頼って生活をしています。

人工透析患者ですと、月に6万5千円くらいの障害年金の支給額です。

その障害年金があるから、糞安い障害者雇用の給料でも生活が出来ているという人も多いと思います。

その障害年金が打ち切られたら、その人の生活はどうなってしまうのでしょうか……。

一応、腎臓移植を行っても障害者扱いにはなるらしいです。ですので、障害者雇用で就職をすることは出来るでしょう。(それも健常者が思っているよりかなり採用率が低いのですけれどね。)

でも、障害の等級と障害年金の等級は違います。障害と障害年金は別物扱いです。

障害年金の貰えない障害者になるって、最悪な状況じゃないですか?

ですので、iPS細胞で例え腎臓移植が出来たとしても、様々な課題が残っています。

そういった課題に関しても国側にはちゃんとアフターケアを考えてほしいと思っています。

それでも人工透析患者は健常者になりたい

では、障害年金を貰うために人工透析患者のままで居たいかと言われれば、私も含め多くの人工透析患者は「年金が貰えなくなっても健常者になりたい」と思っているんですよね。

やっぱり、人工透析自体が辛いです。人工透析を行っていると、下手をすると明日にでも死んでいる可能性もあるわけです。

やはり、お金より命のほうが大切ですよ。

例え障害年金が貰えなくなって生活が苦しくなっても最悪、生活保護があります。生きていくことは出来ます。でも、人工透析を続けているといつ死ぬか分かりません。

旅行などにも好きな時に行くことは出来ないなど、生活に様々な制限が起きてきます。

中には脚を切断したり、失明したりしている方もいるくらいです。

だったら障害年金が貰えなくても健常者になりたいですよ。少なくとも私はね。

歳を取って腎臓移植をした場合の弊害 まとめ

  • 腎臓移植を行ったら障害年金が貰えなくなり生活が苦しくなる可能性がある
  • 歳をとって腎臓移植をしても仕事がなかなか無い

など、歳を取って腎臓移植をした場合の弊害としてはあります。

でもやっぱり障害が治るならお金より治る方を選びたいと思うのが人間です。

早くiPS細胞での再生腎臓が実用化されますように。

だいちゃん(∀)

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

YouTubeチャンネルの方も宜しくお願いします!

■追記

この記事に対する反応を頂いたので引用させていただきました。

やはり経済的な理由で腎臓移植を諦めてしまう方って実際にいるんですね……。人の命が経済的な理由で短くなるだなんておかしいです。こういった部分から社会を変えていかないといけませんね。

貴重な情報ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

ブロガー&YouTuber&フリーライター 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 障害者関連の記事を執筆するのが得意。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 インターネット上の嫌われ者www
ツイッターのフォローはこちらから
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム

ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
友達追加

【解除も簡単!】無料メールマガジンを是非、購読してください! ブログでは書く事が出来ない極秘情報、だいちゃんの具体的な恋愛話、超長文コラムなど、質の良い記事を読むことが出来ます!

※確認メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認下さい。

「裏だいちゃん.com」を購読する方はこちら

YouTubeチャンネル登録も宜しくお願いします!

だいちゃん(∀)のYouTube動画です!

スポンサードリンク








障害者の就職にお勧めな会社



障がい者の就・転職ならサポート実績業界No.1のアットジーピー【atGP】




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

公認会計士・弁護士「jiji」さん直伝!どんな資格試験でも一発合格出来る方法
【LINEモバイル】格安SIMスマホに貧乏障害者が変えて月5000円節約
障害者はA型・B型事業所から抜け出そう
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク