スポンサードリンク




障害者

障害者はA型・B型事業所から抜け出そう

更新日:

ブラック企業

どうも、ブロガー&YouTuberのだいちゃん(∀)です!

障害者は障害年金が貰えたり、様々なサービスで割引制度があるから羨ましい……。貯金も貯まるんでしょ? なんていう馬鹿げたことを言う奴らが世の中にはまだまだ多いようです。

他にも、障害者雇用制度など、就労支援もあるので健常者の方々からしたら羨ましいようです。

だったらお前ら、自分の臓器でも売ってしまえばいいじゃねえか、って話なんですが、まぁ冷静になって話を進めていきます。そんな馬鹿な”一部の”健常者に腹を立てても仕方が無いですからね。

今回の記事は、難しいことを承知で書きます。

「障害者はA型・B型事業所から抜け出そう」

障害者はA型・B型事業所から抜け出そう その訳は?

障害者の就労支援施設には大きくわけて、「A型就労支援事業所」「B型就労支援事業所」の2種類が存在します。

・B型就労支援事業所ー知的障害者など一般就労が極めて困難な方が職業訓練を受け、まずはA型就労支援事業所へ就労できるようにする事業所

・A型就労支援事業所ー一般企業へ就労する為の訓練を行う事業所

簡単に説明するとこんな感じです。

どちらの施設も、最終的には一般企業へ障害者が就労することが出来るようにする為の事業所、のはずです。本来の役割はね。

しかし、実際には障害者に適当な仕事を与えておいて、国から出る支援金目当てで事業所を運営しているところがほとんどです。

私自身もA型就労支援事業所に就労したことがあるのですが、仕事は楽でした。でも、ここにいたら正直に言って、一生低賃金で働くことになるな。一般企業への就労なんて不可能、というより何も技術が身につかないなと感じました。

「感じた」と書きましたが、実際に1年間通いましたが何も技術を教わっていませんもの。私は勝手に勉強して自分でホームページやプログラミング関連の技術を身につけた感じでした。

事業所の運営者が逆に私に技術を聞いてくる始末。

そりゃねえだろ……。私は別に仕事が無くてA型就労支援事業所に通いたかったわけではなく、ハローワークで、

「アプリ開発などが学べます。」

と書かれていたので応募して就労したのです。

ですが蓋を開けてみたら、アプリ開発出来る人間が誰一人として支援者にいねーっ!! 当然、障害者の就労支援を受けている側にもいませんでした。

自分のところの就労支援施設がおかしいだけなんじゃないの? そんな風に思っていたこともありましたが、周りの障害者で就労支援施設へ通っている方に聞いても同じような感じか、もっと酷い状況だということが分かりました。

B型就労支援事業所に関しては給食費という名目でお金を取られたり、交通費が出ないなどで逆にマイナスになるのだとか。

そりゃ、障害者はこんな環境の中だと一生自立なんて出来ないわな。

だったら社会が障害者を一生支えていくしかありません。障害年金の金額をもっと上げて、障害者は全く働かなくても良い状況にしなくてはいけません。

……今の日本にそんな財源、どこにあるの??

障害者も当然、競争社会、資本主義の中で生きていかなくてはなりません。それが現実です。でも、障害者には支援が必要です。な、の、に、その支援が行き届いていない。というよりも、障害者を利用して健常者である自分たちの賃金を捻出している次第です。

おかしいだろこんなの。絶対におかしいよ……。

だから、障害者には生活保護を受けている方も大勢います。だって、一般就労も出来ないし障害年金よりも生活保護費のほうが金額が大きいんですもの。

これではますます国の財政を障害者が圧迫することになります。すると当然、障害者は健常者から邪魔者扱いされる。差別意識がどんどん大きくなり社会にそういった思想が浸透していくのです。

最終的には障害者は全員殺せ!! といったことになってきます。

まさにジェノサイド……。

障害者、大量虐殺の起こる世界の始まり始まり~!

……ふざけんな!!!

というわけで、障害者の皆さんは早く一般就労したほうが良いでしょう。

「そんなこと言っても無理だよ……。普通に働くなんて……。」

そういう意見も聞こえてきそうですが、今は在宅での就労、リモートワークも少しづつですが増えていっていますよ。まずは、そういった企業を探してみては如何でしょうか?

地方ではどうしても在宅就労、リモートワークのような働き方の出来る場所は少ないです。だから、関東などの求人を探してみると良いでしょう。

面倒な書類作成から面接サポートまで!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】

障害者のための転職サービス「ぽじチャレ」

障害者はA型・B型事業所から抜け出そう 最後に

自営業でも良いですし、障害者雇用枠を使ってもいい。在宅就労じゃないと仕事が出来ないのであれば在宅就労の仕事を探して、さっさと障害者はA型・B型事業所から抜け出そう!!

そうしないと、一生低賃金で働くことになります。

実家暮らしの方、両親が亡くなったらその後の人生はどうするのですか?

生活保護費だってどんどん削られていっています。貧乏な生活を送るよりは、せめて一般的な生活を送りたいですよね。例え障害者であったとしても。

面倒な書類作成から面接サポートまで!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】

障害者のための転職サービス「ぽじチャレ」

上記の会社は障害者の就労を支援している会社です。

こういったサービスを利用して、さっさと障害者はA型・B型事業所から抜け出そう!!

だいちゃん(∀)

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

スポンサードリンク







質問などLINE@で受け付けています! 良かったら友達登録してね!(∀)

※登録前に読んでおくと、だいちゃん(∀)LINE@の特典などが分かります!→【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!ーだいちゃん.com

友達追加

だいちゃん.comのフェイスブックページです。良かったら、イイネ! してね!

だいちゃん(∀)You Tube動画

YouTubeチャンネル登録も宜しくお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

ブロガー&YouTuber&フリーライター 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 障害者関連の記事を執筆するのが得意。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 インターネット上の嫌われ者www

-障害者
-

Copyright© だいちゃん.com , 2018 All Rights Reserved.