スポンサードリンク




障害者

障害者は仕事を自分で作ることも視野に入れよう

更新日:

犬

どうも、ブロガー&YouTuberのだいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

収入の安定や福利厚生のことなどを考えると、障害者は大企業の障害者枠を使って就職するのが良いはずなのですが、どうしてもそうやって就職しても障害のことを理解してもらえなかったりと、それもなかなか難しいのが障害者の現状です。

障害者は仕事を自分で作ることも視野に入れよう

障害者の離職率ってとても高いのですよ。

車椅子など肢体不自由な障害者は段差が多いなど、日本の企業はまだまだバリアフリー化が進んでいないので、そういった施設面で就職が厳しいという側面があります。

目に見えない障害者は、企業側が怖がって採用したがりません。

だったら、自分で仕事を作るしかないんですよね。そうやって、在宅で仕事をするのが障害者にとっては一番、環境面においては最適ですから。

障害者が仕事を作る、といってもどうやって仕事を作ればいいのは分からないという方は多いと思います。

いきなり企業をしろ、というわけではなく、スモールビジネス(例えばブログ運営など)を少しずつ大きくしていくという方法があります。

最近では、ブログだけで生活をしよう! ということを目指す人が増え、一種のブームのようになっていますが私はブログを開設・運営することはオススメしているけれど、ブログ一本で生活をすることをいきなり目指すことは推奨していません。

確かに私はブログアドバイザー的な仕事もしていますが、ブログはあくまで自己表現ツールだったり、副業的に行うものだと思っています。

あとは、自営業を行っている方が自分の仕事の宣伝の為に使う、などですね。

ブログ運営は、Google様の機嫌一つで収益が激減したりするので、収益が安定しないので、赤字になることはほとんどないので副業的にやるのはオススメですが、それ一本でいきなり生活をするのはあまり得策ではありません。

でも、もしあなたが現役の障害者で、仕事も何もしていない状態で時間がたっぷりあるのであれば、ブログを開設して運営してみるのもありでしょう。そうやって実際にお金を稼いでみて、

「お金とはこうやって稼ぐものなんだ」

という感覚を身に付けることは自営業を行う上でとても大切なことだからです。

そうやって自営業感覚を身につけて、何か事業を行うのが良いでしょう。

  • 手作りアクセサリーをインターネット上で売る
  • WEBライターとして執筆してお金を稼ぐ(WEBライターはギャラが激安ですけどね……。)
  • フォトショップやイラストレーターなどのデザインソフトを覚えてデザインを仕事にする
  • WEBサイトを制作する
  • WEB系のプログラミングを覚えて、仕事を受託する
  • 家庭教師をする

仕事に出来ることって世の中に沢山あるのですよね。これは、障害者・健常者という括り関係なく。

でも、日本人は自営業を行うような教育を受けてきていない方がほとんどで、学校でもそういったことを教えてくれません。だからサラリーマンやOL体質が抜けていないのでなかなか自営業というもののイメージが湧きにくい方が多いんですよね。

それと、例え自分の特技があったとしても「お金を貰う」ということに抵抗のある方も多いです。

実際、私は友人にギャラを払うから写真撮影をしてくれと頼んだ時に、

「お金を貰うなんてプレッシャーを感じるから貰えない……。」

と言われたことがあります。

ああ、日本人って、サラリーマンやOLの感覚ってこういう感じなんだろうなとその時に思いました。

でも、仕事をするからには対価を貰うのは正当な行為であり、別に悪いことではないのですよ。だから、自身を持ってお金を貰えばいいんです。

 

ちょっと話がそれ気味になってきましたが、障害者が仕事をするとなるとどうしても在宅になりますよね。在宅での仕事を作るとなると、やはりパソコン・インターネットは必需品になります。

だからスマートフォンで満足せずに、障害者はパソコンスキルを身につけて、パソコン関連の技術や知識を付けることが、障害者が自営業を行う上での秘訣です。

そういった知識があれば、自分でWEBサイトを解説してインターネット販売を行ったり、WEBサイト運営(ブログなど)、アフィリエイトなどを行うことが出来ます。

こういった技術を身に付けることも、障害者が生きていく上でとても大切なことなのです。

「障害者は仕事が無い」

こう嘆きたくなる気持ちはとてもよく分かります。ですが、そうやって嘆いていても仕事はいつまでたってもやってきません。

だったら自分で作り出すしかありません。

その為に必要なのは、パソコン・インターネットスキルです!

障害者は仕事を自分で作ることも視野に入れよう 最後に

障害者に限らず、仕事を作り出すということは簡単なことだとは言えません。お金を稼ぐということはそれだけ大変なことなのです。

自営業で1円でも収益をあげることって大変なことですからね。

でも、仕事が無いのであれば自分で仕事を作り出すしかありません。私はそうやって生きてきました。

勿論、就職出来てその企業に定着出来ればそれにこしたことは無いのですが、なかなか障害者が一つの企業に定着するって難しいですからね。

だったら自分で仕事を作り出しましょう!

まずは副業的なやり方から、リスクを最小限に抑えて。

特にインターネットを使った仕事は、在庫を抱えなくて良いから在庫を抱えるような仕事よりも私はオススメしています。リスクが少ないですからね。

そんな感じで本日は終わりたいと思います。では、ばいちゃ~!

だいちゃん(∀)

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

スポンサードリンク







質問などLINE@で受け付けています! 良かったら友達登録してね!(∀)

※登録前に読んでおくと、だいちゃん(∀)LINE@の特典などが分かります!→【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!ーだいちゃん.com

友達追加

だいちゃん.comのフェイスブックページです。良かったら、イイネ! してね!

だいちゃん(∀)You Tube動画

YouTubeチャンネル登録も宜しくお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

ブロガー&YouTuber&フリーライター 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 障害者関連の記事を執筆するのが得意。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 インターネット上の嫌われ者www

-障害者
-

Copyright© だいちゃん.com , 2018 All Rights Reserved.