スポンサードリンク




障害者

自分が人工透析をすることが平気だからといって、他人に平気さを求めるな

更新日:

グーの拳

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

エゴサーチと言って、自分のことを検索エンジンなどで調べる方法があるのですが、せっかく私は障害者には結構好かれるブロガーだと書いていたにも関わらず、私に対する批判記事、というか反対意見を見つけてしまいました。

自分が人工透析をすることが平気だからといって、他人に平気さを求めるな

別に全ての人間に自分の考えを理解してもらうことなんて不可能なので、反対意見が出ることは別に良いのです。ただ、その中で納得が行かなかった意見があります。

「自分は別に人工透析を地獄だとは思っていない。受け入れることが出来ている。むしろ、恩恵の方が多いとすら思っている」

と。

これはこれでこの人の意見だから有りだと思います。でも、その後の意見で、

「同じ透析患者として、人工透析を地獄だと言うことは悲しい」

という意見も述べていました。

正直この意見を読んで思ったのが、

「自分が平気だからと言って他人も平気だと思うな、」

ということです。

医療関係者などにも多いのですが、あの人が平気だからあなただってやれば出来るはず、という押し付けのようなことを言ってくる方がいます。特に若い医療関係者の方には多かったです。でもね、同じ障害を抱えていても、その人のバックボーン、生活環境だとか病気の状況だとか、全然違うわけですよ。それを一括りに、

「人工透析患者」

として、同じ人工透析患者でも自分は幸せだから、幸せに感じることが出来ていないあなたはおかしい、と取れるような意見を述べるのは正直、違うかなと思うわけです。

ちょっと強い言い方をすると、こういった意見を簡単に述べることが出来る人間というのは、想像力の欠如、完成の欠落があると思っています。自分が大丈夫だからいい、と他人のことを考えることが出来ていない人間なのです。

障害者同士でも相手のことを理解出来ない

例えば、障害者同士、特に同じ障害を抱えていても先ほども書いたように症状は千差万別。人によって人生観も生きている過程も違います。

それを同じような扱いをして、自分が大丈夫なのだから、あなただって大丈夫なはず、というのは一種の暴力だと私は思っています。

あなたに私の何が分かるの? あなたと同じ障害を抱えていても、生き方も生きてきた家庭も、今生きている環境も全く違う人間なのに、「同じ障害を抱えている」からといって分かった風な口を聞くのは横暴でしょう。

このような横暴なことが今の医療現場でも、患者の間でまかり通っている病院があるから(私の通っている病院はそんなことは無いのですが)、障害者は、人工透析患者は孤立してしまう方も出てくるのでしょう。

こういう人達は一種の徒党のようなものを患者の間で組みます。そこに属すことが苦手な人間を下手をすると排除するような人も中には出てきます。

「同じ障害を抱えている私が出来ているから、あなたにも出来るはず。」

という押し付けは、こういった障害者同士の、障害者間の差別を助長することになります。あまり褒められたことではありません。

同じ障害者を抱えているからといって、他人の気持ちを理解出来ると思うことは大間違いです!

人工透析に追い詰められて自殺未遂まで起こした人間

これは私のことなのですが、自分は人工透析を行っていても受け入れることが出来ているし幸せな生活を送ることが出来ている。人工透析は地獄じゃない、なんていう考えを押し付けるような人間は、死の淵に立たされたことが無いのでしょう。本気で死のうとしたことが無いのでしょう。

人工透析を拒否して旅に出て、あと30分遅ければ死ぬ、という状況にまで陥ったことがあります。

そういった人間からすると、

「私は人工透析をやっているけれど、幸せです。だからあなたも幸せになれるはずです。」

という押し付けは正直、ぬるい人生を送ってきたのだなぁとしか思いません。正直、このような人間に共感してもらえなくて結構。だって、考え方自体がヌルイ、ヌルすぎるからです。

ここで、

「障害者だからといって甘えるな!!」

と言ってくるような人間は、先ほども書きましたように、想像力の欠如、完成の欠落の見られる人間です。まずは道徳観、倫理観を身につけましょう。

最近の大人は、自分が相手に迷惑をかけていたとしても、自分はそのつもりがなかったとしても相手を傷つけてしまった場合には謝る、という当たり前のこと、幼稚園児でも出来るようなことが出来ない大人が増えています。

謝罪できない大人が増えているのです。

本来ならおかしいですよね。

・ありがとう

・ごめんなさい

これは人間関係においてとても大切な役割を担っている言葉でず。その言葉を使えない大人が増えている。自分の意見を押し付けるような人間が増えている。これはとても悲しい現実です。

自分が人工透析をすることが平気だからといって、他人に平気さを求めるな 最後に

障害者同士でも完璧に分かり合うことは出来ません。だから、自分の意見を相手に押し付けるのではなく、相手と自分の意見が違うのであれば、相手はどうしてそのような考えをしているのか、ということを考えながら会話をしなくてはいけません。ですがコミュニケーションを取ることが苦手な現代人。なかなかこれが出来ない。

勉強ばかりしてきた、頭でっかちな知識だけはあるけれど、想像力や完成、道徳観や倫理観が欠如している人間には私の書いているようなことは分からないでしょうね。

ですが、この記事を読んで、何かしら伝わる人もいると思っています。

だから私は批判承知で炎上芸ではないけれど、今までどおり思ったことは思ったとおりに書きます。批判上等!

では、本日はこの辺で締めたいと思います。気が向いたらもう一記事くらい書くかもね。

それではまた。ばいちゃ~!

だいちゃん(∀)

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

スポンサードリンク







質問などLINE@で受け付けています! 良かったら友達登録してね!(∀)

※登録前に読んでおくと、だいちゃん(∀)LINE@の特典などが分かります!→【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!ーだいちゃん.com

友達追加

だいちゃん.comのフェイスブックページです。良かったら、イイネ! してね!

だいちゃん(∀)You Tube動画

YouTubeチャンネル登録も宜しくお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

ブロガー&YouTuber&フリーライター 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 障害者関連の記事を執筆するのが得意。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 インターネット上の嫌われ者www

-障害者
-

Copyright© だいちゃん.com , 2018 All Rights Reserved.