スポンサードリンク




雑記

生き辛い・死にたいあなたへー優しいインターネットの世界

更新日:

ハートの手渡し

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

あなたは生き辛い、死にたいと常に考えてしまっているのではないですか?そうでないとこの記事には辿り着かなかったはず。私も常に生きづらい、死にたいと考えています。

そのような経緯があって今回、こんなタイトルの記事を書いています。

生き辛い・死にたいあなたへー優しいインターネットの世界

インターネットの世界は本来ならば手斧を投げ合い、強者が弱者を食物にする正に修羅の国だ。だが、私にとってここはとても優しい世界。

ちょっとでも弱音を吐けば優しい言葉が返ってくる。

私の住んでいる地域は田舎だ。田舎の知識の無さ、偏見に満ちた人間関係はとても労力のいるもの。そんな世界で生きていて何になるのだろうか? もう疲れたよ。

でも、死にはしない。私にはまだまだやらなければならないことが沢山あるから。

インターネットの世界には、私の周りには優しい人達が多いから。だから私は生きていく。死にはしないよ。でも、今の世の中、現実世界には絶望しか感じていない。

こんな世界で生きていて何になるのだろうか? もういいよ、こんな世界、壊してしまおう。な~んてことが出来ればいいのだけれど、そんなことは出来ないことくらい分かっている。だから私は当分の間、インターネットの世界に引き篭ろうと思う。現実世界に疲れた。

インターネットの世界は自分にとって居心地が良い。世の中のイジメられっ子なんかが引きこもりになってインターネットにはまっていく気持ちが今なら分かる気がする。

インターネットさえあればお金だって稼ぐことが出来る。外の世界に出る必要はない。

外の世界では、自分の価値観を他人に押し付けようという圧力が働いていて生き辛いものだ。

あなたの価値観は所詮あなたの価値観でしかない。それが世の中の大多数の考えであっても少数派の人間の考えを淘汰する理由にはならない。そんなことも理解出来ない人達が世の中には多いということに私はもう、うんざりしている。

こんな世界で生きていく意味があるのか? 自問自答が続く。

でも、私は生きなければならない。これはもう義務感、使命感であり、自分の意思ではほとんどない。

例えば私のような物書き、ライター、ブロガーという一般的で無い職業は今の世の中では「社会不適合者」とされ、偏見の目で見られ、生き辛いものです。でも、それはあくまで「健常者」と呼ばれる、何も抱えていない、現状に満足がいっている人達の考え方、安定志向の人の考え方であってそれが世の中全ての常識、考え方だという風にしてしまうのは間違っています。

自分の考え方を他人に押し付けるのは間違っています。

それはあくまであなたの考え方であって、多数派の考え方であって、世の中には少数派と呼ばれるマイノリティが存在します。そういった人々の考え方を淘汰するような世の中、おかしいと思いませんか?

日本では常識だと言われていることが、外国では非常識だということはとても多いことなのですよ。

日本の一般的な考え方を私たちマイノリティに押し付けないで頂きたい。

それが日本という国での生き辛さを生んでいるのです。

そんな世界に絶望するのは当然のことでしょう。そりゃ、世の中に引き籠もりニートが増えるわけだ。そんな世界でまともに生きていたいだなんて思わないもの。

でも、自殺をするまでの勇気はない。そういった人々が引き籠もりやニートになっているのでしょう。

今ならそういった人々の気持ちが私にも分かります。この世の中は、日本は生き辛い。こんな世界で、外の世界で生きていても何の意味もない。だったら、インターネットの世界のほうが居心地が良いのだから、その世界で生きていよう。そう考えるのも無理のないことです。

インターネット上には世界中の様々な考え方が渦巻いています。だからこそ炎上だとかの争いごとも多いのですが、それでも自分と似た境遇の人々に出会うことが出来て、優しさに触れることが出来る。

インターネットの世界は私達マイノリティにとても優しい世界です。

でも、ずっと引き篭っているのは健康上あまり良いものではありません。精神を落ち着かせる為の脳内物質「セロトニン」の分泌には太陽の光が必要とされているからです。あと、体内時計を整えるのにも太陽の光が必要です。

引き籠もり続けて、太陽の光を浴びずにいたらそれこそ精神疾患を発症して、自殺や自傷行為に走ってしまうことでしょう。それは良いこととは言えない。

でも、引き籠もりやニートと呼ばれる人々も、「人の温もり」を求めているのです。だから、ずっと引き篭っていても、やがて外に出てインターネット上で知り合った人々に会いに行こうとするでしょう。

私個人の考えとしては、様々な考え方を取り入れたほうがよいと思っているけれど、それが出来ない今の世の中で生きていく為には、インターネット上で自分に近い考えの人を探し、そういった人々とだけ関わっていくというのも自己防衛の為に必要なことでしょう。それは決して悪いことではありません。

とりあえず、今生き辛いと考えているのであれば、インターネットという海へ出てみよう。インターネットの世界は優しい。

生き辛い・死にたいあなたへー優しいインターネットの世界 最後に

最近、話題にならなくなってきた「引き籠もり」や「ニート」といった問題ですが、まだまだ多いのが現実です。

ですが、そういった問題を解決するのもインターネットというツールだと私は思っています。

なんなら、そのまま引き篭って人に会わず、太陽の光を浴びるためだけに外に出て、人間関係はインターネット上のみで完結させる、というのも有りだとすら私は思っています。

お金だってインターネットを使って稼げばいい。それが可能な世の中になっているのだから。

でも、人間というものは「人の温かさ」を求めているもので、いずれ外の世界に自分から飛び出していきたいと思うようになっていると思っています。

その第一歩として、まだ初めていないのであればインターネットの世界に飛び出してみましょう。スマートフォンじゃダメです。パソコンでインターネットをしましょう。すると、そこには今まで知らなかった世界が広がっています。

なんて自分の考えはちっぽけなものだったのだろう。総痛感させられることでしょう。

現実世界の、自分の周りの人間の価値観なんて所詮は日本という超が付くほど小さな島国の考え方でしか過ぎません。インターネットというグローバルな視点から見るとチリに等しい。

そんな考え方に染まる必要はありません。あなたの生きたいように好き勝手に生きればいい。

私もそうやって生きています。

人間に会いたくなくなれば引き籠もり、こうやってインターネット上で文章を書いて生活をしています。そして、人に会いたくなれば外に出て会いに行く。

それでいいじゃありませんか。

周りの人間の大多数は凡人なのです。凡人の言うことを聞いていても凡人にしかなれません。

自分は天才だと思っておけば良いのです。

生きよう、共に。

だいちゃん(∀)

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

スポンサードリンク







質問などLINE@で受け付けています! 良かったら友達登録してね!(∀)

※登録前に読んでおくと、だいちゃん(∀)LINE@の特典などが分かります!→【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!ーだいちゃん.com

友達追加

だいちゃん.comのフェイスブックページです。良かったら、イイネ! してね!

だいちゃん(∀)You Tube動画

YouTubeチャンネル登録も宜しくお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

ブロガー&YouTuber&フリーライター 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 障害者関連の記事を執筆するのが得意。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 インターネット上の嫌われ者www

-雑記
-, , , , ,

Copyright© だいちゃん.com , 2018 All Rights Reserved.