スポンサードリンク




勉強法・教育

成績が上がらない子供の3つの勉強法の見直し方

更新日:

困っている子供

私は貧乏人ですが、金持ち達を差し置いて高校の頃は英語の成績で学年トップを取ったことがあります。

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

私は家庭教師をやっていたので、成績が上がらなくて悩んでいる子供を沢山見てきました。

そういった子達に共通している勉強法があります。

そういった勉強法を行っている子供はいつまで経っても頑張っても成績は上がりません。

成績が上がらない子供の3つの勉強法の見直し方

発達障害(学習障害)や軽度を含め知的障害を抱えている子は別として、一般的な子で頑張っても成績がなかなか伸びない子というのがいます。本人にやる気があってもです。

そういう子は大抵、勉強のやり方が悪いです。

成績の極端に良い子の勉強方法を参考にしてはいけません。一般的な子には一般的な子に合った勉強方法があります。

私の家庭教師としての経験上、そういった子の多くが勘違いして実行してしまっている勉強法を挙げて、改善案を書いていきたいと思います。

 【1】睡眠時間を削っている

頑張り屋に限ってこれをやってしまっていますが、絶対に睡眠だけは削ってはいけません。その子の体質にもよりますが、最低でも7時間くらいは睡眠時間を確保しましょう。

昔は「4合5落」という言葉がありました。4時間睡眠だと入試に合格出来るけれど5時間睡眠だと落第する、というものです。多くの進学塾などでもこういうことを言っていましたが、現在では医学的にも睡眠を削ると記憶の定着が悪く、鬱などの精神障害を引き起こす可能性が高まることが指摘されています。

こういった間違った教育を受けてきた大人が、子供にもそれを押し付けているのかもしれません。

「俺(私)は睡眠削っても眠くないですよ~。テンションが高まって逆に頭が働きます。」

と言ってくる子もいますが、それはナチュラルハイ(眠気のピークを越えて気分が高まっている)状態です。これは、麻薬と同じようなものだと考えてもらってもいいでしょう。この状態を続けていると、ある時、電池が切れたようになり、頭が働かなくなって精神疾患を引き起こします。

頭も疲れるので、頭を使ったような気になりますが、本当にただ疲れているだけです。

同じ1時間でも、睡眠時間をしっかりとっている子のほうが記憶の定着が良いので勉強効率が良いですよ。

(∀)睡眠時間はしっかりと確保しましょう。最低でも7時間!

【2】沢山のプリントや問題集を解き、参考書を読んでいる

沢山問題を解けば解くほど頭が良くなる、と思って実行している子がいます。スパルタ系進学塾でもこういった勉強をさせている塾があります。

しかし、極端に頭の良い子(1回解けば長い間そのことを覚えておける)ならともかく、一般的な子が沢山の問題を解き、参考書を読むことは、脳みその中がごちゃごちゃになってかえって成績が下がりすらします。

沢山問題を解いたほうが充実感があります。同じ問題を何度も解くのは飽きてきます。参考書も次から次へと読んだほうが勉強を頑張ったような気分になります。

本当に、ただ頑張ったような気分になるだけです。

参考書や問題集は必要最低限の冊数に絞って、出来れば1冊~2冊、詳しすぎない、簡単すぎないものを選んでそれを何度も解き、読んだほうがいいです。問題集なんかは学校で配られたものだけ徹底的にやれば、あとは過去問題集を入試前や資格試験前にやれば大丈夫ですよ。

(∀)問題集や参考書や1教科につき1~2冊に絞ろう! それを3回は解こう!

 【3】難しい問題ばかり解いている

少年漫画などでは、過酷な試練を乗り越えたあとにパワーアップする、というような描写で描かれているものは多いです。しかし、勉強に関しては逆効果です。

あと、変なプライドを持った子もそういう間違った勉強をやってしまいがちです。難しい問題を解いている僕(私)かっこいい~! みたいな。しかし、それは無駄なプライドなので捨てて下さい。

簡単すぎる問題集ばかりやっていてもダメですが、学校で配られるレベルの問題集の問題を済から済まで解けるようにすることのほうが大切です。そして、入試や資格試験前には過去問題集を何度も解いていれば、だいたいの試験には合格出来ます。(高校入試は通知表の点数も関係してきますが、ここでは割愛します。)

難しい問題を解いてばかりいては、せっかく点数の取りやすいはずの簡単な問題で凡ミスをして点数を落としてしまいます。その1点が命取りになるのです。

過去問題集より難しい問題など解く必要無し!

(∀)基礎問題集と過去問レベルの問題以外を解く必要無し! 難しい問題を解くのは逆効果!

成績が上がらない子供の3つの勉強法の見直し方 最後に

有名進学塾で行っているような勉強法が正しいとは限りません。むしろスパルタ系進学塾などは今でも間違った勉強法、一部の頭の良い子は成績が伸びるけれど、真ん中から下の子には逆効果になっているような教育を行っています。

高い金を払って効率の悪い勉強をしているのです。

そりゃ少しは成績はあがります。だって、嫌でも一人でやるよりは勉強をしますもの。でも、効率の良い勉強法をやれば、もっと成績が上がるはずです。

厳しく、辛い思いをさせれば子供の為になるわけではありませんよ。

だいちゃん(∀)

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

いつやるか? 今でしょ! の林修先生の先輩にあたる大ベテランのカリスマ英語講師の安河内哲也先生の書籍です。昔からある本の改訂版です。笑っていいとも! などでもお馴染みの先生です。

多くの受験生や社会人資格試験受験生が参考に出来る勉強法が書いてあります。私の勉強法の基礎にもなっています。良書です。

勉強法に関する記事はこちらがオススメです!

公認会計士・弁護士「jiji」さん直伝!どんな資格試験でも一発合格出来る方法

スポンサードリンク







質問などLINE@で受け付けています! 良かったら友達登録してね!(∀)

※登録前に読んでおくと、だいちゃん(∀)LINE@の特典などが分かります!→【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!ーだいちゃん.com

友達追加

だいちゃん.comのフェイスブックページです。良かったら、イイネ! してね!

だいちゃん(∀)You Tube動画

YouTubeチャンネル登録も宜しくお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

ブロガー&YouTuber&フリーライター 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 障害者関連の記事を執筆するのが得意。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 インターネット上の嫌われ者www

-勉強法・教育
-, ,

Copyright© だいちゃん.com , 2018 All Rights Reserved.