スポンサードリンク




障害者

障害者だけどニートやってたら実家を追い出された

更新日:

家を追い出された猫

誤解の無いように言っておきますが、タイトルは私のことではありません。

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です!

障害者は働けない方も多いです。

しかし一方で、障害年金に頼り親のスネをかじってニートをやっている障害者もいます。

障害が原因で働けないのなら仕方がないのですが、働けるのに働きたくないだけで、自分は障害者だからとニートを続けている人がいるのです。

障害者だけどニートやってたら実家を追い出された

「ニート」という言葉を聞くようになってからもう何年経つでしょうか。

教育を受けておらず、労働や職業訓練もしていない、働く意思の無い35歳以下の若者を指す言葉ですが(もちろん、病気で働けない人などは含まれない。家事も立派な労働である。)働いている皆さんはこのような若者達に関してどのようなイメージをお持ちですか?

とあるニュース番組では「働いたら負けだと思っている」と発言する若者の映像を流し、バラエティ番組では大勢のニートをゲストとして招き、芸能人や有名評論家などと議論をさせたことがあります。

しかし、こういったマスメディアに登場する人物は古本転売(せどり)や路上パフォーマンスを行って生計を立てている「収入のある人」もニートとして登場させているのですが、果たしてこのような人達をニートと呼んでもいいものでしょうか?

ギャンブルで生計を立てている人はニート?

パチンコやスロットなどのギャンブルで生計を立てている人を「パチニート・スロニート」などと呼ぶこともあるそうだが、ギャンブルで生計を立てることは「労働」とは呼べないのであろうか。もし呼べないのなら、雀荘で雇われている雀士はどうなる? 給料が完全出来高制というお店もある。負けが込めば月の収入がマイナスになることもあるのだ。だが、ちゃんとお店に雇われている人達だ。これは労働では無いのか? (倫理的な観点は別として。)

株式や外国為替取引(FX)などで生計を立てているひとも然り。「株ニート」と呼ばれることもある彼らですが、本当にニートに定義していいのか甚だ疑問です。

世の中にはブログなどのサイト運営やネットオークションなどで生計を立てている人達も存在します。一体どこまでが「労働」扱いなのだろうか。疑問は深まるばかりです。

マスメディアはニートを利用し続ける

上記のような人々を「ニート」という定義に当て嵌め、メディアに登場させ、有名評論家などに「働け!」などと言わせるというのは、ただの茶番劇でしかないと私は思うのです。それどころか、テレビ番組に出演している時点で「労働」しているわけです。本当に「働く意思の無い若者」を集めたのか、それすら怪しいと感じています。

「引き籠りニート」などと混同して呼ばれることもありますが、少なくとも上記テレビ番組に出演している若者達は「引き籠り」という定義には当て嵌まらない。そんな活発な無職の若者をテレビ番組に起用して各種マスメディアは一体何を視聴者に伝えたいのだろうか。このような番組を流したところで、ますます働くのが馬鹿らしくなり、ニートに憧れを持つ人間を増やすだけではないでしょうか。

障害者が実家を追い出された

私の後輩の話ですが、元々は健常者だった後輩は、障害者になってしまったことで精神的に参ってしまい、精神病を患い、いわゆる「引き籠もり」になってしまいました。

別に暴れたりしていたわけではないのですが、ある日、しびれを切らした家族がその後輩を家から追い出してしまいました。

その時、今まで結婚資金のなどに使う為に、後輩の為に親御さんが貯めていた貯金を渡して。

親御さんとしては、家から追い出して追い詰められれば、嫌でも働くようになると考えたのかもしれません。しかし、それは逆効果でした。

彼は、今でも生活保護を受けながら生活を送っています。

働く意思があるか、と言われれば無いと思います。確かに、障害者でもちゃんと働いている人は世の中にはいます。しかし、働きたくても働けない障害者や病人も多い。働く気力が沸いて欲しいけど沸かない、という人も多い。

こういった人たちを全て同じ一括りの「ニート」にしてしまってもいいのでしょうか?

ニートは甘えか

「ニートは甘え」

という言葉を聞くことがあります。しかし、本当に「甘え」の一言で済ましても良いものでしょうか?

ニートになった人、ホームレスになった人のバックボーン(その人の裏側の人生)は複雑に色々な事象が絡み合っています。

家庭環境、生活環境、仕事、人間関係、病気、障害、事故、挙げていったらキリがありません。

自分が働けているからといって、「甘え」の一言で済ませるべきことではありません。世の中には色々な環境の人がいます。「甘え」という言葉でしかニートを語れない人は、想像力や語彙力に乏しいと言えます。

障害者だけどニートやってたら実家を追い出された 最後に

「ニート」という言葉はなんと都合のいい言葉なのだろう。使い方次第でいくらでも金儲けの手段になる。

「ニートの為の生活保護受給の裏ワザ」

などという本やDVDでも作れば、途端に売上は伸びるでしょうね。

無職の若者ですら金儲けの道具に使う、そんな企業を日本という国はずっと野放し状態でただ見守っているだけです。このままで言い訳がない。

無職の若者で金儲けする方法を考える前に、無職の若者を減らす方法を考えていただきたいものですね。

だいちゃん(∀)

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散宜しくお願いします!

はてなブックマークボタン「B!」をポチッとも是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

スポンサードリンク







質問などLINE@で受け付けています! 良かったら友達登録してね!(∀)

※登録前に読んでおくと、だいちゃん(∀)LINE@の特典などが分かります!→【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!ーだいちゃん.com

友達追加

だいちゃん.comのフェイスブックページです。良かったら、イイネ! してね!

だいちゃん(∀)You Tube動画

YouTubeチャンネル登録も宜しくお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

ブロガー&YouTuber&フリーライター 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 障害者関連の記事を執筆するのが得意。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 インターネット上の嫌われ者www

-障害者
-,

Copyright© だいちゃん.com , 2018 All Rights Reserved.